離乳食のヨーグルトに関する記事

離乳食にヨーグルトはいつから?砂糖入りは?おすすめレシピ

離乳食にヨーグルトはいつから?砂糖入りは?おすすめレシピ

離乳食のヨーグルトは満1歳の誕生日ケーキ作りや野菜嫌いの克服などにも便利。赤ちゃんに嬉しい栄養、プレーンやR1などのプロビオヨーグルト、砂糖入りが食べられる時期、おすすめレシピや酸味の苦手克服方法等を紹介。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食にヨーグルトはいつから?砂糖入りは?おすすめレシピ

離乳食のヨーグルトは満1歳のケーキの生クリーム代わりにおすすめ

離乳食にぜひ食べさせたいヨーグルト!その理由は離乳期の赤ちゃんに必要な大切な栄養が摂りやすいから。調理も簡単なので常備しておくと、忙しい時にも大助かり。

こちらでは赤ちゃんに嬉しいヨーグルトの栄養、プレーンや砂糖入りはいつから食べさせられるか、離乳食で加熱しても栄養はとれるか、美味しい食べさせ方の工夫や選び方、レシピ、苦手克服の体験談などを紹介。

満1歳の誕生日でも食べられる生クリーム代わりにヨーグルトを使った手作りバースデーケーキのレシピもありますので、初ケーキをプレゼントしてあげましょう。

ヨーグルトに含まれる赤ちゃんに嬉しい3つの栄養

ヨーグルトは離乳食期におすすめされる食材のひとつで、乳幼児期に食事から取り入れたい栄養が豊富に含まれています。

こちらでは離乳食期に赤ちゃんに食べさせたくなるヨーグルトの3つの栄養素について見てみましょう。

1カルシウム|成長に欠かせない栄養素

ヨーグルトとフルーツ

ヨーグルトなどの乳製品には、赤ちゃんや幼児の成長に欠かせないカルシウムが豊富!

離乳食ではカルシウムの吸収率をアップするビタミンDが豊富な、魚やキノコ類、ゴマと一緒に食べるのがおススメです。

2タンパク質|体を作るのに必要不可欠な栄養素

ヨーグルトには、良質なタンパク質が含まれています。良質なタンパク質は、筋肉や皮膚など、赤ちゃんの体を作るのに必要不可欠な栄養素です

タンパク質は乳製品のほかにも肉(牛肉・豚肉・鶏肉など)や魚、豆類にも含まれていますので、バランスよく摂ることを心がけましょう。

タンパク質は体内でアミノ酸に変わりますが、人間が作ることのできない必須アミノ酸は、体内で作り出すことができず、食品から摂取しなければなりません。離乳食作りでは特に意識して取り入れましょう。

3乳酸菌|善玉菌と悪玉菌のバランスを整えるのに役立つ

ヨーグルトに入っている乳酸菌は、人体に有効な働きをするため「善玉菌」と呼ばれています。

赤ちゃんも善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることが大切なので、飲み込みやすさも離乳食向きのヨーグルトを、積極的に食べさせてあげましょう。

離乳食にヨーグルトはいつからOK?プレーンは生後6ヶ月から

赤ちゃんにスプーンで食べさせる母親

離乳食を始めてお粥や野菜、白身魚に慣れてくる頃になると、便通が悪くなる赤ちゃんが増えますが、砂糖などで味付けしていないプレーンヨーグルトなら、生後6ヶ月から食べさせられます。

離乳食を始めて2~3週間ほど経ちタンパク質も食べられるようになったら、豆腐や白身魚と共にヨーグルトもスプーン1さじから試してみましょう。

砂糖入りヨーグルトはいつから?1歳になった離乳食完了期から

離乳食期に砂糖入りヨーグルトを与えるのは、おすすめできません。砂糖自体は離乳食中期から使えるので1歳になった完了期から食べさせられますが、離乳食にしては味付けが濃すぎて、1個で完了期1回の砂糖の目安量を超えている商品もあります

離乳期に「甘味」という刺激的な味に慣れてしまうと、幼児期以降も砂糖を摂りすぎる嗜好になりがち。完了期もできるだけプレーンヨーグルトを与えましょう。

離乳食のヨーグルトを甘くする方法

糖分は果物にも多く含まれているので、離乳食ではヨーグルトを甘みの強いバナナや完熟した柿、りんごなどと混ぜましょう。

離乳食のヨーグルトの選び方|気を付けた2つのポイント

ヨーグルトは下ごしらえもいらずそのまま赤ちゃんに与えられ、離乳食では野菜や果物と混ぜるだけで立派な1品になる便利な食材。

TVCMを観てR1やLG21などのプロビオヨーグルトなどを与えてくなるママもいますが、離乳食で与えるヨーグルトは購入時に2つの注意が必要です。

11歳までは無糖のものをチョイス!

加糖タイプのヨーグルトは離乳期の赤ちゃんには甘すぎます。満1になるまでは無糖のプレーンタイプを選んで使いましょう。

R1やLG21などのプロビオヨーグルトは秋冬には特に食べさせたくなりますが、砂糖が入っているため1歳までは与えられません。

2添加物を確認する

パッケージ記載の生乳100%

ヨーグルトには「砂糖ゼロ」と表示されていても、スクラロースが入っている商品やゼラチンなどの食品添加物が入っている商品もあります。

原材料に「生乳、乳製品」とだけ書かれたものを選びましょう。「生乳100%」「Milk100」と表示されているものは安心です。

パッケージに表示されている成分を見て、添加物が多すぎないか、1歳までは禁忌の「はちみつ」が入っていないか、赤ちゃんに向いているかなどもチェックしましょう。

離乳食のヨーグルトは加熱するけど乳酸菌は大丈夫?

ヨーグルトに含まれるタンパク質やカルシウムは、離乳食作りで加熱しても損なわれません

ただし乳酸菌は60℃以上に加熱すると損なわれるので、離乳食に使う場合は鍋で加熱し、60℃を超えないようにしましょう。

離乳食のヨーグルトを美味しく食べられる調理のコツ

ヨーグルトは酸っぱいから食べないみたいと心配な場合は、調理方法を工夫することで美味しく食べてくれやすくなりまうす。

1果物や裏ごしした野菜を混ぜる

かぼちゃを裏ごし

「ヨーグルトは酸っぱいから苦手」「ヨーグルトは好きだけれど野菜が苦手」という赤ちゃんにおすすめなのが、ヨーグルトに果物や野菜を混ぜる食べ方です。バナナやレンジでチンしたりんご、完熟した柿を混ぜると、ヨーグルトに甘みがプラスされるので食べやすくなります。

逆にサツマイモや小松菜などの野菜が苦手な赤ちゃんが、ヨーグルトと混ぜるだけでパクパク食べてくれることもあります。

緑黄色野菜やイチゴなどの果物を混ぜると色もカラフルになるため、ひな祭りやハロウィンなどのイベントの離乳食作りにもおすすめです。

2水切りヨーグルトにする

ヨーグルトの酸味が苦手な子は、水切りヨーグルトにすると食べやすくなります。水切りヨーグルトにすることで、他の食材と合わせやすくなります。

苦手な野菜も水きりヨーグルトに和えたり、完了期にはディップにして、野菜スティックにつけたりすると、まろやかになって食べてくれることもあります。

ヨーグルトの余った水は捨てないで!

水切りして出てきたヨーグルトの水分は乳清(ホエー)いい、高たんぱく、ミネラル、ビタミンも豊富なので捨てるなんてもったいない。蜂蜜を加えたり炭酸で割ったりしてママが飲みましょう。

3常温にしてから食べる

ヨーグルトが冷たいままだと、赤ちゃんの胃に負担がかかってしまいます。食べる前に冷蔵庫から出しておき、常温に戻してから食べさせるようにしましょう。

ヨーグルトは常温でもおいしく食べられますし、常温に戻すと酸味も少し和らぎます。ただし長時間出出しっぱなしにすると発酵が進むため、離乳食作りの最初に器に盛ってしまうのがおすすめです。

離乳食初期からのおすすめのヨーグルトレシピ

プレーンヨーグルトは離乳食初期から食べられるカッテージレシピでも使う材料で、家庭でも簡単に手作りできます。

プレーンヨーグルトをそのまま食べさせても喜ぶ子が多いのですが、甘みのあるサツマイモやかぼちゃ、バナナなどの果物をマッシュして混ぜると風味のバリエーションを楽しめます。

ヨーグルトのかぼちゃ和えレシピ

離乳食初期からのヨーグルトおすすめレシピ「ヨーグルトのかぼちゃ和え」の完成品

材料:ヨーグルト無糖 適量、カボチャのマッシュ

  1. カボチャのマッシュを用意する。レンジでも冷凍でもOKです!
  2. ヨーグルトと和えて完成♪

満1歳の誕生日におすすめのヨーグルトレシピ

満1歳の誕生日ケーキは脂肪分が多過ぎるので、生クリームの代わりに水きりヨーグルトを使って手作りするママが多いです。

ホットケーキミックスを使えばスポンジも簡単なので、ぜひ初めての誕生日をママの手作りでお祝いしてあげましょう。

水切りヨーグルトのケーキ♪のレシピ

水切りヨーグルトのケーキ

材料:ヨーグルト無糖200g~、ホットケーキミックス 適量 好きな果物

  1. ボウルにセットしたザルにキッチンペーパーをひき、ヨーグルトを入れる。ラップをして一晩冷蔵庫へ
  2. 同じ直径のホットケーキを何枚か焼く
  3. ホットケーキを重ねてケーキのようにする
  4. ヨーグルトをクリームに見立ててデコレート
  5. 好きな果物を飾って出来上がり!

離乳食のヨーグルトが食べられない!先輩ママのアドバイス

便秘対策にもなるし、手軽に使うことのできるヨーグルトですが、苦手な子もいますよね。離乳食のヨーグルトが食べられない赤ちゃんはどうしたら?!先輩ママに赤ちゃんが食べやすくなるような工夫を教えてもらいましたので、参考にしてくださいね。

離乳食初期(生後5、6ヵ月)|甘みの強い野菜や果物やきな粉と混ぜて!

こまさん
26歳

A離乳食を始めて1ヶ月目に初挑戦!

離乳食を始めて、おかゆ、豆腐、と順調に進んで行ったので、ヨーグルトにも挑戦しました。「食べるかな?」とそのままプレーンヨーグルトを口に入れましたが、すんごい顔をして出しました。大人でもプレーンは酸っぱく感じるので無理もないのかと思いましたが、便秘気味なので食べてほしくて・・・。
甘みを加えたらよいのかなとバナナをマッシュしたものと混ぜたら、ぱくぱく食べてくれました。プレーンは苦手のようなのでそれからは、バナナやりんごなど果物と混ぜてから食べさせています。7ヶ月になりきな粉にも混ぜましたが、大喜びでしたよ!

離乳食中期(生後7、8ヵ月)|各メーカーを試してお気に入りの味を見つけて!

ケロッグ
30代後半

A色々なメーカーを試しました。

「離乳食にはぜひ取り入れたい!」と思い、ヨーグルトを食べさせていましたが、無糖のものは、積極的には食べようとしませんでした。「やはり酸っぱいのが原因?」と思いましたが、砂糖に抵抗があったのでそのままがいいと思い、色々なメーカーを買って食べさせました。
やはり、同じ無糖でもメーカーによっては味が違い、いくつか試すうちに息子のお気に入りの味が見つかりました。また、大きなサイズを買うと、日が経つにつれて酸っぱく感じるので、残りは自分がジャムをかけたりして食べていました。小分けのものが使いやすくてオススメです!

離乳食後期(生後9~11ヵ月)|酸味がないイージーヨーがおすすめ

しんしん
24歳

Aイージーヨーなら食べますよ

初期からヨーグルトはキライで、食べさせてもべーっと出していました。酸っぱい=腐っていると認識するとかで本能的なものもあるみたいですが、ヨーグルトを使えるようになると楽できるかなと、色々試してみました。

パン粥にちょっと入れたりすると食べてましたが、プレーン単品はやはりダメ。ママ友から「イージーヨーは酸味がないよ」と聞き、さっそく購入!食べさせてみたところ、すごい食べっぷりでビックリしました。

離乳食完了期(生後1歳~1歳)|お休み期間を作ってみて

ピーちゃん
32歳

Aいったん食べるのをやめたら復活♪

離乳食初期から無糖を食べさせていました。が、後期になってからこんなもの食べられない!と言わんばかりに口に入れたらそのまま出すようになってしまいました。

りんごやバナナを入れたりと色々してみましたが、食べなくなったのでちょっとお休みしてみました。タンパク質は他でとれていたし、まぁいっかなーという感じであまり気にしませんでした。

そして、最近になって久々に食べさせてみたら、以前のようにパクパクと食べてくれるようになっていました。ちょっと砂糖を入れようかと思ってましたがやめました(笑)どうしてもヨーグルトを!

というこだわりがないのであればちょっとお休みしてもよいと思いますよ。離乳食って、思い通りにはいかないものですよね。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ