離乳食でチーズの時期とレシピに関する記事

離乳食でチーズはいつから?アレルギーは?段階別レシピ

『離乳食でチーズはいつから?アレルギーは?段階別レシピ』

離乳食でチーズを食べさせるときは量が大切。塩分チェックの方法を身につけてから、食べさせてあげましょうね。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食でチーズはいつから?アレルギーは?段階別レシピ

離乳食のチーズはいつから?アレルギーは?量と段階別レシピ

「離乳食にチーズを使ったら、赤ちゃんも喜んで食べてくれそう!」と思うママは、多いのではないでしょうか?大人向けの料理の場合、野菜にチーズをかけて焼いたり、トッピングしたりするだけでも美味しく食べられるので、赤ちゃんにも与えたくなりますよね。ところが、離乳食の場合は、使い方を誤ると赤ちゃんの健康や嗜好に悪影響を与えかねないのです!

今回は、離乳食でチーズはどの種類がいつからどれくらい食べられるか、チーズの健康効果と栄養素、赤ちゃんに与えるチーズの塩分チェック方法とアレルギー、月齢別おすすめレシピ、チーズ嫌いな赤ちゃんの克服体験談をご紹介します。上手に使いこなしましょうね。

離乳食でチーズはいつから?種類別の開始時期と量

チーズは、牛・山羊・羊などの乳を原料に発酵・熟成させた、乳製品です。ですから、離乳食を始めたばかりの赤ちゃんが、乳の成分を多く含むチーズを好むのは、納得ですね。ところが、チーズには赤ちゃんの内臓に負担を与えてしまう「塩分」が含まれています。また、「乳製品」ですので牛乳アレルギーが出やすい食品でもあるのです。

カッテージチーズは生後6ヶ月から

カッテージチーズは、離乳食初期の後半になり、お粥や野菜を食べ進め、タンパク質の豆腐や白身魚に慣れた生後6~7ヶ月過ぎから使うことができます。ただし、手作りのみです。カッテージチーズはプレーンヨーグルトとレモンで、誰でも簡単に作れますよ。

市販のカッテージチーズの塩分は、手作りで使うプレーンヨーグルトに比べて多いので、離乳食初期からでは早すぎ!手作りカッテージチーズのレシピを後ほどご紹介しますので、ぜひ作ってみて下さいね。

スライスチーズは生後8ヶ月から

スライスチーズ

市販されているスライスチーズやとろけるスライスチーズは、離乳食中期になり肉や赤身魚にも慣れてくる生後8ヶ月頃から与えられますが、あまりおすすめはできません。スライスチーズの種類は、プロセスチーズです。商品にもよりますが、1枚当たりおよそ0.3g~0.5gの塩分が含まれています

離乳食中期からは0.1gまで、離乳食後期からは0.1~0.3g、離乳食完了期からは0.4g~0.6gの塩を使ってもよいとされていますが、塩分は内臓に負担を与えるだけでなく、小さい頃に塩味に慣れてしまうと嗜好が濃い味になってしまい、生活習慣病を引き起こしやすくもなります。

また、塩分はベビーフードのだしなどにも含まれていますので、知らず知らずに摂り過ぎてしまいやすいのです。中期は1/6、後期は半分、完了期は1枚程度までとし、他の料理の塩分も考えて、できるだけ控え目な量を与えるようにすると安心ですよ。

粉チーズは生後8ヶ月から

粉チーズの主原料はプロセスチーズで、スライスチーズと同じ。生後8ヶ月から食べさせられますが、うっかり振り入れすぎてしまうと、塩分をとり過ぎてしまいますので注意が必要です。粉チーズには小さじ1杯(5g)当たりおよそ0.1~0.3gの塩分が含まれていますので、生後8ヶ月で与える時は、小さじ1/3程度までにしておくとよいでしょう。

とろけるチーズは生後9ヶ月から

ピザやグラタンなどに使う市販のとろけるチーズには、塩分と脂肪分が多く含まれているため、離乳食後期から与えるようにするとよいでしょう。ただし、赤ちゃんに与えるときは量に注意し、できれば脂肪分カットのものを選ぶとよいでしょう。

とろけるチーズの種類は、シュレッドチーズ、モッツアレラチーズ、ゴーダチーズなどのナチュラルチーズです。国内産の市販商品には、100g当たりおよそ1.5g~2gの塩分が含まれていますので、与える時は10g程度をチョロッとかけるくらいに控えると安心ですね。

スポンサーリンク

チーズ選びと量は塩分をチェックして!

塩分や脂分は、チーズだけではなく他の食材や調味料にも含まれています。また、同じチーズでも種類やメーカーによって塩分の量は違うため、いちがいに「チーズは◯gまでOK」とは言えないのです。

チーズに含まれる塩分は、商品パッケージの裏の「栄養成分表示」に記されていますが、中には「塩分」ではなく、「ナトリウム」としか書かれていない物もあります。「ナトリウム=塩分」ではありませんので、ナトリウムしか書かれていない場合には、次のように塩分に換算して把握しましょう

ナトリウムを塩分に換算する方法

ナトリウム(㎎)÷400=食塩(g)

実際には、ナトリウム393㎎が食塩1g相当ですので、換算した塩分量より若干多いのですが、概算を把握しておくと調整しやすいですよね。
<例、ナトリウム120mgの場合>
120÷400=0.3
と計算します。すると、塩分はおよそ0.3gであることが把握できます。

チーズと食物アレルギー

チーズは乳製品ですので、牛乳アレルギーを発症する可能性があります。特に、消化力の弱い乳幼児期に牛乳アレルギーを発症する子の割合は非常に高く、鶏卵に次いで2番目に多いです。また、0歳~2歳までが群を抜いて高い発症率となっています。

そのため、チーズを与える時は病院がやっている平日の午前中とし、少量から与え始めるようにしましょうね。また、1回目よりも2回目の方が、アレルギー反応が出やすいので、2日目にも十分気をつけ、少量ずつ増やしてきましょう。

スポンサーリンク

チーズの健康効果と栄養素

テーブルに乗ってるカマンベールチーズ・プロセルチーズ・チェダーチーズ・ゴーダチーズ

チーズはご存知の方も多いように、栄養豊富な乳製品!牛乳を濃縮して作りますので、種類によっては同じ量を食べると、牛乳の10倍の栄養が摂れる優秀な栄養食なのです。また、チーズは牛乳に比べて乳糖が少ないため、消化力が弱い赤ちゃんはもちろん、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする乳糖不耐症の子供にもおすすめです。赤ちゃんの頃はあまり沢山食べられませんが、チーズ好きの子に育ててあげたいですね。

骨が丈夫になる!カルシウム

離乳食で使うことが多いカッテージチーズに含まれるカルシウムの量は、牛乳のおよそ半分ですが、プロセスチーズやナチュラルチーズには牛乳のおよそ4~7倍のカルシウムが含まれています。乳糖不耐症で牛乳が飲めない子や牛乳嫌いな子でも、乳糖が少なく食べやすいチーズでカルシウムを補い、丈夫な骨に育ててあげたいですね。

カルシウムは骨の中に蓄えられ、古くなった骨が溶けて体外に排出されると、蓄えられたカルシウムにより新しい骨ができますが、20歳をピークに蓄えは減っていきますので、子供時代により多くのカルシウムを蓄えておくことが大切です!また、チーズに含まれるカルシウムは、吸収率が高い点も魅力ですよ。

美肌効果!ビタミンA&ビタミンB

チーズには、目や皮膚の健康に大切なビタミンAやビタミンBが豊富に含まれています。チーズだけでは不足する食物繊維とビタミンCを一緒に食べることで、腸内環境も整い、美肌効果をさらにアップさせられますよ。
乳児湿疹が心配なママは薬だけに頼らずに、チーズを上手に使って赤ちゃんの美肌を守ってあげましょう。

血や肉となり、風邪をひきにくくする!タンパク質

チーズを食べて元気になってガッツポーズをしてる赤ちゃん

チーズには、赤ちゃんに必要となる様々な栄養素が含まれていますが、中でも人間の体を作るのに不可欠なタンパク質が豊富です。タンパク質が不足すると、歯や骨、筋肉、内臓、血管、皮膚、髪などが衰えてしまい、血液も作れなくなるため貧血になり、風邪をひきやすくなります。また、タンパク質には一日の活動に必要なエネルギーを作り出す働きもありますので、毎日しっかり摂らせてあげたいですね。

離乳食のチーズの食べ方と段階別おすすめレシピ

離乳食初期から食べられるチーズですが、チーズ好きの赤ちゃんは多いため、嫌いな野菜などと混ぜて食べさせてあげると、好き嫌いが減ってママも安心ですよ。初期・中期・後期・完了期のおすすめのレシピをご紹介します。

【離乳食初期】生後6ヶ月の食べ方&チーズレシピ

手作りカッテージチーズ

生後5ヶ月から離乳食を食べ始めた赤ちゃんであれば、6ヶ月頃にはお粥や野菜、白身魚や豆腐にも慣れ、ママも新しい食材を使いたくなってきますよね。ちょうど離乳食に慣れてきたその頃に、少しずつ食べさせてあげたいのが、手作りカッテージチーズ。野菜の味が苦手な子でも、カッテージチーズと混ぜると味がまろやかになり、食べやすくなりますよ。

こちらでは、離乳期全般で大活躍する手作りカッテージチーズのレシピをご紹介します。

手作りカッテージチーズのレシピ

材料:プレーンヨーグルト50g、レモン汁1滴

  1. プレーンヨーグルトを鍋に入れて火にかけ、沸騰直前で火からおろす
  2. 1にレモン汁を入れて混ぜる
  3. キッチンペーパーをひいたザルに、2を入れて水を切る
  4. 一晩冷蔵庫で冷ませば完成♪

【離乳食中期】生後7~8ヶ月の食べ方&チーズレシピ

生後8ヶ月頃になると、食べられるチーズの種類も増え、スライスチーズやプロセスチーズも使えるようになりますが、無理に与える必要はありません、生後6~7ヶ月同様に、手作りカッテージチーズでも充分ですよ。

チーズは気軽に使え、栄養価も高くついつい出番が増えますが、塩分・脂肪分が高いので、少量にしましょうね。また、下痢、便秘を起こしやすい時期でもありますので、「初めての食材は少しずつ様子を見ながら」が鉄則です。

人参のチーズパスタのレシピ

材料:人参、マカロニ、水、粉チーズ

  1. 人参をレンジで柔らかく加熱し、微塵切りにする
  2. マカロニを茹でて、みじん切りにする
  3. 1と2に水小さじ1と粉チーズを和えて、レンジで加熱する

【離乳食後期】生後9~11ヶ月の食べ方&チーズレシピ

手作りチーズサンド

生後9ヶ月になると、食べられるチーズの種類がグッと増えますが、気をつけたいのが量と種類!パパが晩酌中に食べている6Pチーズやカマンベールチーズ、さけるチーズなどを欲しがるからと与えていると、他の離乳食でも塩分を使っていることが多いため、塩分をとり過ぎてしまいます。また、市販のチーズには、調味料などの食品添加物が入っているものもありますので、気をつけましょう。

チーズサンドのレシピ

材料:スライスチーズ、かぼちゃ、さつまいも、食パン

  1. かぼちゃはレンジで柔らかくし、潰して牛乳で伸ばしペースト状にしておく
  2. さつまいもも、1と同様にペースト状にする
  3. 食パンをてづかみしやすい大きさに切り、1と2のペーストを塗り、上にスライスチーズを乗せて焼く

【離乳食後期】満1歳~1歳6ヶ月の食べ方&チーズレシピ

手作りチーズ蒸しパン

完了期の幼児におすすめなのが赤ちゃん用チーズやベビーチーズです。そのままでも食べられ、塩分も少なめですので食べ過ぎないように注意は必要ですが、気軽に与えられますね。特に、牛乳が苦手なお子さんの場合には、離乳食にも積極的に摂り入れてあげましょうね。

野菜たっぷりチーズ蒸しパンのレシピ

材料:ベビーチーズ、かぼちゃ、ニンジン、ホットケーキミックス、牛乳、卵

  1. かぼちゃはレンジ加熱して柔らかくして、フォークで潰す
  2. にんじんは皮を剥いてすりおろす
  3. ベビーチーズは1cm角に切る
  4. ホットケーキミックスに牛乳と卵を入れて混ぜたら、1と2と3を加えて混ぜる
  5. ココットにレンジ可のお弁当カップを入れて、そこに4の生地を6分目まで入れる
  6. 5に軽くラップをし、レンジで1分半加熱して完成!

※レンジの時間は、量やワット数で調節して下さい。

1才からのチーズ 72g(6本入り)
1才からのチーズ

雪印メグミルク

190円 + 税

1歳からの幼児が安心して食べられるように、塩分をカットして作られたプロセスチーズです。1本に含まれる塩分量は0.19gですので、離乳食との調整もしやすいですね。薄くてツルツルペラペラしているので赤ちゃんが食べやすく、おやつにもおすすめですよ。

離乳食のチーズ嫌いを改善!先輩ママの奮闘体験

みきりん
37歳

果物と混ぜたらペロリ

赤ちゃんはチーズが好きと聞いていたので、離乳食初期からカッテージチーズを手作りして食べさせましたが、すぐに出してしまいました。「なんで?好きなんじゃないの?ヨーグルトは好きだよね…」と思いましたが、どうしても食べてくれません。

味見をしてみましたが、確かに美味しくないんです。まあ、私自身がチーズ嫌いなのですが(笑)。そこで、カッテージチーズとリンゴのすりおろしをミックスしてみました。すると、喜んで食べてくれたんです。りんごヨーグルト感覚だったのかも。その後、私も嬉しくなって、バナナやイチゴを入れてみましたが、喜んで食べてくれるようになりました。今振り返ると、「私が不味そうな顔をしてたからかなぁ」とも思います。

ふとっちょ
35歳

後期にカッテージチーズデビュー

私は離乳食後期になるまで、チーズは食べさせませんでした。理由は夫が牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする体質だったからです。あまり離乳食で無理はさせたくなかったんです。そして、離乳食後期になり、ベビーチーズを小さく切って与えてみました。ところが、ちっとも食べてくれませんでした。やっぱり匂いや味が苦手だったのでしょうか…。

うちの子は、魚や肉もあまり好きではなかったので、「あまり早く進めるのもよくないかも」と思い直し、ヨーグルトでカッテージチーズを作って食べさせてみました。すると、喜んで食べてくれたんです。しかも、あまり好きではない野菜と混ぜて出したのですが、喜んで野菜も食べました。赤ちゃんの時期って、食感が大切なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ