離乳食ナスの健康効果とレシピに関する記事

離乳食のナスで夏のうつ熱予防!たねや皮は?段階別レシピ

離乳食のナスで夏のうつ熱予防!たねや皮は?段階別レシピ

離乳食でナスを使う時は下ごしらえが大事!こちらでは、ナスのアク抜きはもちろん、選び方や保存方法、いつからたべられるか、離乳食の段階別レシピなどをご紹介します。赤ちゃんに美味しいナスを食べさせてあげましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食のナスで夏のうつ熱予防!たねや皮は?段階別レシピ

離乳食のナスで夏を涼しく!たねや皮は食べられる?段階別レシピ

ナス

夏の暑い時期から残暑にかけて旬を迎える美味しい夏野菜「ナス」。焼きナスや天ぷらなどにするととっても美味しいですよね。けれど、あまり栄養がないと思われていることも多く、「わざわざ赤ちゃんに食べさせなくてもよいのでは?」と誤解されがち。

そこで今回は、離乳食でぜひ食べさせてほしいナスが赤ちゃんにもたらす健康効果、離乳食で与えても良い時期、選び方や保存、下ごしらえ、調理方法、離乳食の段階別別レシピなど、離乳食でナスを使う時に必要な情報をたっぷりご紹介します。ただし、喘息アリの赤ちゃんには要注意ですよ。

ナスがもたらす赤ちゃんへの健康効果

ナスは水分を多く含む野菜。およそ9割が水分のため「栄養がない」と思われがちですが、実は含有量が少ないながら赤ちゃんに不足しがちな鉄分や葉酸などのミネラル、ビタミンKなどのビタミン、食物繊維と体調を整える多くの栄養素をバランスよく含んでいる野菜なのです。ですから、ぜひ赤ちゃんにも夏~秋の自然の恵みナスを食べさせてあげましょうね。

うつ熱や熱中症を予防!カリウム

バナナ

ナスはカリウムの含有量が多い野菜。カリウムには利尿作用があるため、離乳食でナスを食べた赤ちゃんの体内の余分な水分を体外に排出します。余分な水分を汗や尿で体外に排出する際、体内にこもっている熱も一緒に発散できるため、赤ちゃんは体温を下げることもできます。そのため、赤ちゃんに心配なうつ熱や熱中症予防に効果的なのです。

夏は特に室内にいても熱中症になることがありますので、離乳食による栄養で赤ちゃんを過ごしやすくしてあげたいですね。カリウムが不足すると疲労回復が遅れたり食欲不振に陥ったりすることもありますので、夏バテ気味のママやパパも赤ちゃんと一緒にナスを積極的に食べてはいかがですか?

目がよくなる!ナスニン

お仕事をする女性

新鮮なナスはきれいな紫色をしていますね。この紫色の成分はナスニンと言って抗酸化作用の強いポリフェノールの一種です。ナスニンは、目の疲れの緩和や視力回復に効果があると言われているんですよ。
ナスニンは抗酸化力が強いポリフェノールのため、体がサビつきにくくなり、小児ガンの予防にも効果的

便秘解消に!食物繊維

離乳食を食べる男の子

食物繊維を豊富に含むナスには、赤ちゃんの便秘を解消する働きがあります。食物繊維の量は同じ夏野菜のトマトのおよそ2倍。ナスは子供が食べてくれない野菜の上位に君臨する野菜ですが、離乳食を始めると便秘になりやすい赤ちゃんも増えてきますので、赤ちゃんのうちから食べ慣れるようにしてあげ、夏から秋にかけての便秘はナスで予防、解消してあげましょう。

離乳食のナスはいつから?

ニンジンとナスを持つ女の人

ナスはアクが多い野菜のため、離乳食に使っていいのか悩んでしまうママも多いでしょう。一体いつから食べさせても良いのでしょう?

離乳食開始時期とナスのアク

ナスはアクがとても強い野菜。そのため、上手くアク抜きできないと苦味が出ることも…。ですから離乳食初期には控え、離乳食に慣れてきた中期からスタートしましょう。
ナスは柔らかい野菜なので、アク抜きさえきちんとできればすり潰す力が弱い離乳食中期の赤ちゃんにも食べやすい食材ですよ。

小児ぜんそくや食物不耐症

ナスに含まれる「アセチルコリン」は、仮性アレルゲンと呼ばれ、里芋やトマトなどと同様に、皮膚に触れるとかゆみやじんましん症状を発症する食物不耐症を引き起こすことがあります。また、アセチルコリンは、喘息発作を誘発してしまうこともありますので、赤ちゃんに小児喘息がある場合は気をつけましょう。

ナスと冷え

フルーツを食べる妊婦さん

ナスには体温を下げる働きがあるため、夏バテに効果がある野菜なのですが、食べ過ぎると体を必要以上に冷やしてしまうこともあります。赤ちゃんにナスを食べさせる時には、摂取量をきちんと守るようにしましょう。また、妊婦さんにとっても冷えは禁物ですよね。ママが2人目以降の赤ちゃんを妊娠したときは、ナスの食べ過ぎに十分に注意しましょうね。

離乳食のナスの選び方&保存方法

離乳食用の食材を選ぶ際に、ママは食材の保存料や産地など色々と気をつけて選んでいるかと思います。ナスを選ぶ際には新鮮なものを選んでください。また、せっかく新鮮なナスを買ってきてもきちんと保存していなければ鮮度が落ちてしまいますので気をつけましょう。新鮮なナスの選び方と保存方法をご説明します。

新鮮なナスの選び方

菜園の収穫

ナスは傷みやすい野菜ですので、離乳食用のナスを購入する際には鮮度を重視して選びましょう。新鮮なナスは、皮にハリがあって艶やかで濃い紫色をしています。ガクについているトゲがピンとたっているナスも、新鮮なナスですよ。手に持ってみてずっしりと重みを感じるナスは、中身が詰まっていますので手に持って確認しましょう。

ナスの保存方法

冷蔵庫を開ける女の人の手

ナスは、水分の多い野菜ですが水分が蒸発しやすいという特徴も持っていますので、ナスを買って来たら1個ずつラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

ただし、保存温度が低すぎると低温障害をおこし、身が縮んで痛みが早くなりますので、5℃以下にならないように気をつけ、出来るだけ早く使いきりましょう。遅くとも3~4日以内に食べきってくださいね。

ナスは冷凍保存できるの?

ナスは、生のまま冷凍保存することはできません。茹でてペースト状にするか食べやすい大きさに刻んで、小分けにして密封できる容器または袋に入れて冷凍保存しましょう。

離乳食のナスの下ごしらえ

離乳食でナスを使う時には、下ごしらえをきちんとすることが赤ちゃんに美味しいナス料理を食べてもらうために大切になります。もちろん、パパやママ向けの料理に使う時も、下ごしらえに手を抜かないと美味しく仕上がりますよ。ナスの下ごしらえの仕方をマスターしておきましょう。

ナスはたねや皮をとり除くの?

ピーラー

離乳食中期で離乳食に慣れている赤ちゃんなら、ナスを皮つきのまま食べることもできますが、赤ちゃんが食べにくそうにしているなら皮をむいてから食べさせてあげましょう。また、ナスのたねは柔らかいので取る必要はありませんが、気になるようでしたら初めのうちは裏ごししてから食べさせてください。ナスの皮は、包丁よりもピーラーを使用するとむきやすいですよ。

茶色く変色するけど大丈夫?

包丁で野菜を切る女性

ナスを調理する前には、必ず水につけてアク抜きしてくださいね。ナスを切ったまま空気に触れる状態にしておくと、ナスに含まれるナスニンが酸化して茶色く変色してしまいます。切ったナスを水につけることは、アクを抜いて食べやすくするためだけでなく、変色防止にも重要です。

ナスのアク抜きは、切ったナスをたっぷりの水に浸けて10分程度おこなってください。切ったナスを素早く水につけるのがポイントです。アク抜きしたナスをお湯で10分程茹でると柔らかくなりますよ。

電子レンジ調理時の注意

電子レンジ600wで30秒

ナスの下ゆでは、お鍋だけでなく電子レンジで行うことも可能です。ナスを電子レンジで調理する時には、あらかじめカットしておきましょうね。また、ナスは全国各地で栽培され、それぞれの地方で色々な種類があり、大きさにも差がありますので、適当な大きさに切って電子レンジで加熱してくださいね。

電子レンジで調理する際にも、事前のアク抜きは必要ですよ。焦げるのを防ぐために耐熱容器に大さじ1程度の水を入れ、ラップをしてレンジで加熱します。加熱時間は短めに設定し、様子を見ながら再加熱すると加熱しすぎるのを予防できますよ。

【離乳食のナス】段階別の調理法&レシピ

離乳食のナスが美味しくなる月齢別の詳しい調理法とおススメの離乳食ナスレシピをご紹介いたします。ナスは、そのもの自体の味が控えめなため、色々な食材と合わせやすい野菜です。多くの食材をバランスよく食べさせたい離乳食の献立作りでは頼りになる野菜ですね。ナスの旬は夏!美味しくてみずみずしい夏のナスを離乳食に取り入れてみましょう!

【離乳食中期】調理法&ナスレシピ

ナスとピーマンのおかか煮

離乳食中期になり、歯茎で食材を上手にすりつぶせるようになった中期の赤ちゃんには、まず皮をむいたナスをみじん切りにして食べさせてあげてください。もちろん、初めはすり鉢などですり潰して食べさせてみてもよいでしょう。

こちらでは、ナスとピーマンのおかか煮のレシピをご紹介します。離乳食中期には、ナスの柔らかさを活かしたレシピがおススメ。柔らかく煮たナスはドロッとしていて離乳食のとろみ付けにもなりますよ。また、同じ夏野菜のナスとピーマンの組み合わせは、美肌や老化防止に効果がありますので、ママやパパにもおススメのレシピですよ♪

ナスとピーマンのおかか煮のレシピ

材料:ナス、ピーマン、花がつお、だし汁

  1. ナスの皮をむきみじん切りにして10分程アク抜きする
  2. ピーマンの種をとり、みじん切りにする
  3. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、ナスとピーマンを加える
  4. ナスとピーマンをクタクタになるまで煮て、最後に花かつおを振り入れる

【離乳食後期】調理法&ナスレシピ

離乳食後期になると食材を潰す能力も高くなってきます。ナスに含まれる健康効果の高い栄養素「ナスニン」は皮に多く含まれますので、皮つきのまま食べさせると栄養がたっぷりとれますよ。離乳食後期になると3回食に進むため、赤ちゃんが飽きないような離乳食を作ることが大切です。ナスは、和洋中どんなお料理にも使いやすい野菜ですので、後期の離乳食作りに役立ちますよ。

離乳食後期のおススメなすレシピとして、「ナスとトマトのチーズ焼き」と「ナスと豆腐のクタクタ煮」の2品をご紹介します。ナスとトマトを組み合わせると肥満予防に効果的!また、「ナスと豆腐のクタクタ煮」は、夏バテして食欲のない時に食べやすいメニューですよ。

ナスとトマトのチーズ焼きのレシピ

ナスとトマトのチーズ焼き

材料:ナス、トマト、チーズ

  1. ナスを輪切りにし、さらに1/4に切って10分程アク抜きする
  2. アク抜きしたナスを10分程茹でる
  3. トマトを湯剥きして皮と種を取り、食べやすい大きさに切る
  4. 耐熱更にナスとトマトを並べて上からチーズをのせ、オーブントースターで10分程焼く

ナスと豆腐のクタクタ煮のレシピ

ナスと豆腐のクタクタ煮

材料:ナス、豆腐、だし汁

  1. ナスの皮をむいて食べやすい大きさに切り、10分程アク抜きする
  2. 豆腐を食べやすい大きさに切る
  3. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、初めにナスを入れる
  4. ナスが柔らかくなったら豆腐を加えてしばらく煮る

【離乳食完了期】調理法&ナスレシピ

離乳食完了期になると食べられる肉類が増えますね。ナスは、肉や油との相性が抜群の食材ですので、肉料理に加えてあげるといいですね。

完了期に作りたいメニューとして、「麻婆ナス」「ナスの味噌汁」のレシピをご紹介します。麻婆ナスは人参を加えると彩りが良くなりますよ。市販の豚ミンチは脂身が多いので、できるだけ脂身の少ないスライス肉を買ってきて自宅でミンチにしましょう。ナスの味噌汁は冷やして食べても、サッパリして美味しいですよ♪

麻婆ナスのレシピ

麻婆ナス

材料:ナス、人参、豚ひき肉、水溶き片栗粉、だし汁、味噌少量、醤油少量、砂糖少量

  1. ナスを細切りにして10分程アク抜きし、下茹でする
  2. 人参の皮を剥き細切りにして、下茹でする
  3. フライパンにごま油を薄く引き、豚ひき肉を炒める
  4. 豚ひき肉に焼き色が付いたらナス、人参、だし汁と調味料を加えて野菜がしっとりするまで煮る
  5. 最後に水溶き片栗粉でとろみをつける

※味付けにつかう調味料はごく少量とし、薄味に仕上げましょうね

ナスの味噌汁のレシピ

ナスの味噌汁のレシピ

材料:ナス、人参、麩、味噌少量、だし汁

  1. ナスを輪切りにして10分程度アク抜きする
  2. 人参を輪切りにする
  3. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、ナスと人参を入れて柔らかくなるまで煮る
  4. 麩を加えて弱火にし、味噌を溶かす

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ