離乳食でのそうめんレシピに関する記事

離乳食でそうめんはいつから?茹で時間や量は?段階レシピ

離乳食でそうめんはいつから?茹で時間や量は?段階レシピ

離乳食でそうめんはいつからOK?冷たいのは?時期や使い方、保存方法、離乳食の段階別におすすめのレシピなどをご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食でそうめんはいつから?茹で時間や量は?段階レシピ

離乳食でそうめんはいつからOK?冷たいのは?量や段階別レシピ

茹で時間が短くてすむそうめんは、時間がない時やお粥に飽きた時の離乳食お助けメニューになってくれますが、アレルギーへの配慮が必要!また、暑い夏には親子でサラッと冷たい素麺を食べたくなりますが、夏バテの元になりますので与える時期にも注意が必要です。

今回は、離乳食でのそうめんの使い方、茹で時間、月齢別のレシピなどをご紹介しますが、離乳食では大人とは異なる調理が必要となりますので、離乳食ならではのコツをおさえておきましょうね。

離乳食のそうめんはいつから?アレルギーと冷たい素麺

そうめん

そうめんは、離乳食の初期から食べることができますが、小麦が原料として使用されているので、アレルギーの心配があります。乾麺のため塩分も多く含まれていますので、早くても離乳食初期の後半や離乳食中期以降から与えることをおすすめします。

また、大人が食べるような氷を使って冷やした冷たいそうめんは、お腹を冷やしてしまうため夏バテの原因にもなります。冷たいそうめんを与えるのは1歳を過ぎてからですが、水にさらした素麺をあんかけなどにして与えるのは離乳食後期からOK。

離乳食でのそうめんの茹で時間と量の目安

離乳食用のそうめんの茹で時間や量の目安をご紹介します。大人用とは違いますので、気をつけて下さいね。

離乳食用そうめんの茹で時間

大人用のそうめんだと、沸騰後1~2分程度のゆで時間で丁度良く茹であがりますが、離乳食に使用する場合は3~5分と少し長めに茹でましょう。茹で上がったあとは塩分を取り除くために、しっかりと水にさらしてから水切りしてください。

また、茹でる前に月齢に合わせて食べやすい長さに折ってから調理すると、茹で上がってからの調理時間が短くて済みますし、調理器具からの食中毒の心配も少なくて安心ですよ。

離乳食用そうめんの量

秤のイラスト

素麺は乾麺の状態で一把50gの物が多く、茹でると135~150g程度になりますが、商品によって1把100gのものもあります。離乳食用のそうめんは軟らかめに茹でるため、大人用の素麺より水分を多く含んで重くなりますので、量は乾麺の状態で量らず、茹でてから量っておくと安心です。

また、赤ちゃんの離乳食ではにゅうめん、あんかけ麺などの汁を多く含むメニューが多いため、量が多くなって食べきれないことがあります。いつも食べているお粥の量を考えて量を調節しましょうね。

  • 離乳食初期…10~30g
  • 離乳食中期…30~50g
  • 離乳食後期…50~80g
  • 離乳食完了期…70~90g

離乳食に便利!そうめんの冷凍保存

鍋にたっぷりのお湯でそうめんを茹でている

離乳食で使用する食材は、一度に沢山調理して冷凍保存しておくと便利ですね。そうめんも、他の食材と同様に冷凍保存することができますよ。特に離乳食初期や中期は茹でてからキューブ状に冷凍しておくと、だし汁などで解凍するだけで手軽に1品完成するのでおすすめです♪

簡単!そうめんの冷凍保存方法

  1. そうめんを月齢に合わせた大きさに折る
  2. お鍋にたっぷりお湯を沸かし、そうめんを入れて茹でる(3~5分)
  3. ザルで湯を切ったそうめんを、水のはったボウルにいれてしばらく水にさらす
  4. ザルにとって水切りし、小分けにして冷凍する

※製氷皿に入れたり、冷凍用の密閉袋に入れて平らにし菜箸で切り目を入れたりしておくと使いやすいです

塩分の心配なし!離乳食用のベビーそうめん

離乳食で乾麺を使用する際は、塩分が気になりますね。そうめんの良いところは手軽に調理できる点なのですが、水にさらす必要があると少し面倒になってしまうという方もいるのではないでしょうか。

そんな方におススメなのが、離乳食用のそうめんです。塩分不使用ですので、だしを入れたお鍋にそのまま入れて調理することができます。洗い物も少なくなるので子育て中の忙しいママも助かりますね。

ベビーそうめん

ベビーそうめん

はくばく

199 円 + 税

塩分不使用なのでゆで汁を捨てて水切りする必要がない使いやすいそうめんです。赤ちゃんが食べやすいように2.5cmの長さにカットされているのもママ目線でうれしいですね。長期保存できるので、困ったときのお助け食材としてストックしておくこともできます。

http://www.hakubaku.co.jp/products/details/

離乳食のそうめんはレンジ調理OK?

最近は、スパゲッティをレンジで調理するなど、電子レンジを使った時短レシピを活用されている主婦の方が多いですね。インターネットで紹介されているそうめんの離乳食レシピでもレンジを使った調理法のものがあります。

ただし、そうめんは塩分を多く含んでいますので。離乳食で使用する場合には、必ずたっぷりのお湯で茹でてから、十分に水にさらして塩分を取り除いてください。塩分の過剰摂取は、赤ちゃんの肝臓に負担をかけてしまいますので、注意してあげましょう。

【離乳食のそうめん】段階別の調理法&レシピ

そうめんの離乳食段階別の調理法とおススメレシピをご紹介します。夏のイメージのあるそうめんですが、離乳食では加熱するためお粥に飽きた時など、季節を問わずに楽しめる食材です!いざという時のストック食材としてキッチンに常備しておくと便利ですよ。

【離乳食初期】調理法&そうめんレシピ

そうめんには塩分が含まれますので、無理に離乳食初期から与える必要はありません。できれば、離乳食中期以降としましょう。離乳食初期から使用する場合は、離乳食開始から1ヶ月程度経過してお粥や野菜などに慣れた頃からにしましょう。柔らかく茹でたそうめんをすり潰してペースト状にして与えてくださいね。

そうめんペーストのレシピ

そうめんペースト

材料:そうめん

  1. そうめんを5分程茹でる
  2. ザルにあげて、水に浸けて塩分を抜き、またザルに上げて水切りする
  3. 裏ごし器やブレンダ―などですり潰してペースト状にする

※お湯やだし汁で伸ばして柔らかさを調節しましょう

【離乳食中期】調理法&そうめんレシピ

離乳食中期になると1cm程の長さのそうめんを食べることができるようになります。
ママやパパ用のそうめんと一緒に一つのお鍋で茹でたい時は、先にザルに入れた離乳食用のそうめんを茹ではじめ、3分ほど経過した所で大人用の素麺を入れると同じタイミングで茹で上がりますよ。

シンプルな味のそうめんは、どのような食材とも合わせやすいですね。離乳食中期におすすめのメニューとして、トマトとキャベツを使ったにゅうめんのレシピをご紹介します。

トマトとキャベツのにゅうめんのレシピ

トマトとキャベツのにゅうめん

材料:そうめん、プチトマト、キャベツ、だし汁、水溶き片栗粉

  1. 1cm程度の長さに切ったそうめんを5分程茹でて、水にさらしザルにとって水切りする
  2. プチトマトの皮を湯むきし、種を除いて細かく刻む
  3. キャベツをみじん切りにする
  4. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、トマトとキャベツを入れてしばらく煮込む
  5. 最後にそうめんを加えて味をなじませ、水溶き片栗粉でとろみをつける

【離乳食後期】調理法&そうめんレシピ

離乳食後期には、1日3回食に進む赤ちゃんも増えてきますね。毎日3回の離乳食レシピに悩んでいるママは、そうめんやうどんなどの麺類を取り入れてみると離乳食の献立のレパートリーを増やすことができますよ。

離乳食後期には、2cm程度の長さのそうめんを食べることができるようなります。離乳食後期に取り入れたい手つかみメニューもそうめんを使用して作ることができますので、ぜひ作ってみてくださいね。パクパク食べますよ。手軽にできるそうめんおやきのレシピをご紹介します。

そうめんおやきのレシピ

そうめんおやき

材料:そうめん70~80g、かつおぶし粉末(かつお粉)少々、片栗粉大さじ1弱

  1. 1~2cmに折ったそうめんを柔らかく茹でて、水にさらし、ザルに上げて水切りする
  2. ボウルにすべての材料を入れて混ぜる
  3. 食べやすい大きさに丸めてフライパンで両面こんがり焼く

※色々な野菜を細かく刻んで茹でたものを混ぜてもOKです

【離乳食完了期】調理法&そうめんレシピ

離乳食完了期になるとようやく冷たいそうめんを食べることができます。暑い夏の昼ご飯に、家族でそうめんを食べて涼しくなりましょう。初めて冷たいそうめんを食べると、赤ちゃんはその美味しさに夢中になり沢山食べたくなるかもしれませんが、いきなり冷たいものを大量に食べてしまうと赤ちゃんの胃腸がビックリしてしまうので、適量としてくださいね。

この頃の幼児は5cm程度にカットしたそうめんが食べられますが、ママやパパが油断して長いのをあげてしまうと、噛まずに飲み込んでしまい、喉に引っ掛かって大変なことになる場合がありますので、茹でる前に1/4程度に折って下さいね。夏の休日のランチにピッタリの、食欲増進にもってこいの鶏肉を使った夏バテ解消レシピ、鶏ムネそうめんをご紹介します。

鶏ムネそうめんのレシピ

鶏ムネそうめん

材料:そうめん、鶏ムネ肉、だし汁

  1. 3cm程に折ったそうめんを柔らかく茹で、水にさらしてザルに上げる
  2. 鶏ムネ肉を柔らかく茹でて、食べやすい大きさに切る
  3. そうめんを器に盛り、上に鶏ムネ肉を乗せて、冷やしただし汁をかける

※鶏肉のパサパサ感が苦手な子には、片栗粉をまぶしてお湯で茹でたものをのせてあげると、しっとりして食べやすくなります

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ