赤ちゃんの夜泣きいつから?に関する記事

【赤ちゃんの夜泣き】いつから始まる?ママの寝不足いつまで続く?

【赤ちゃんの夜泣き】いつから始まる?ママの寝不足いつまで続く?

赤ちゃんの夜泣きがいつから始まりいつまで続くかを分かりやすく解説!新生児が夜中に泣くのは夜泣きか、赤ちゃんや幼児の夜泣きの原因、赤ちゃんの夜泣きが続いている間の過ごし方や夜泣き期間を短縮するコツなどもご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの夜泣き】いつから始まる?ママの寝不足いつまで続く?

赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるの?新生児はいつまで昼夜逆転?

赤ちゃんの夜泣きはいつから始まりいつまで続くのでしょう?
赤ちゃんのお世話にも少しずつ慣れてきたママとパパですが、生後3か月頃になると新生児期は寝てばかりだった赤ちゃんのお昼寝回数が減り夜の睡眠時間も長くなるため「そろそろ朝まで安眠できる!?」と期待しはじめます。

ところがママやパパの期待を裏切り、いつまでも夜中に泣き続ける赤ちゃん。
そうなると「これって夜泣きが始まったの?」「夜泣きっていつ頃終わるの?」などと、ゴールが見えない不安や寝不足の苦痛でママはイライラしがちに…。

子育て4コマ漫画:赤ちゃんの夜泣きはいつから?なぜ泣くの?

赤ちゃんの夜泣きがいつから?の子育て4コマ漫画

勘違いしてない?夜泣きとは、赤ちゃんが夜中に原因なしに泣くことです

「赤ちゃんが夜中に泣き出す=夜泣き」と思っているママパパも多いようですが、「夜中に泣いたから夜泣き」とは言えません。
夜泣きとは、一般的に次のような赤ちゃんの様子をさす言葉です。

赤ちゃんの夜泣きの特徴

  • 機嫌よく眠ったのに、夜中突然泣き出す
  • 体調はよく、身の回りのお世話をしても泣き止まない
  • 何日も続いている
泣く赤ちゃんに困惑する母親

特に赤ちゃんの体調不良(風邪、中耳炎、蓄膿症など)、空腹は夜泣きと間違えられやすいです。
赤ちゃんが体調不良で夜泣きをする場合、夜は熱や鼻水のなどの諸症状が出やすいので不快になって目が覚め、ママにお知らせしているのかもしれません。

また空腹の場合、おっぱいの出が悪くて不足しているケースばかりでなく、成長に伴う消化力のアップに伴い1回の授乳量が足りていてもミルクや母乳栄養だけのためすぐに消化してしまい、夜中に空腹になって泣いているのかもしれません。離乳食の量を増やしたら、泣かなくなったというケースもあります。

赤ちゃんの夜泣きの時期はいつから?生後6ヶ月頃からが多い

眠る赤ちゃん

赤ちゃんの夜泣きは早い子だと生後2~3ヶ月頃から、一般的には生後6ヶ月~1歳くらいから始まることが多いです。

ただし夜泣きの時期には個人差があり、中には夜泣きが全くない子供もいますし、1歳を過ぎてから夜泣きをし出す子もいますので、明確にいつからとは言えません。

「うちの子、夜泣きが無くて助かっちゃった」と言っていたママの子が、3歳になってから突然夜泣きが始まったなんてこともあるのが夜泣きの恐いところ。

ある程度大きくなった幼児の夜泣きについては、赤ちゃんと違って心理的な要因が深く関係している「夜驚症」の可能性もあります。

新生児が夜中に泣くのは夜泣き?いつからいつまで続くの?

新生児が夜中に泣くのは夜泣きではありません。なぜなら新生児には夜中に泣く明らかな理由があるからです。
例えば昼夜の区別がつかないために夜中に起きてしまうこと、一度に多くのミルクや母乳を飲めないために起こる空腹、膀胱が小さいために起こる夜中の排泄などが理由となっています。

新生児が夜中に泣くのは生まれた時から始まり、一般的に昼夜の区別がつくようになる生後3~4ヶ月頃までは昼夜逆転状態が続きます。

昼夜逆転の生活が新生児の頃から数ヶ月続くので、多くのママやパパは今までに経験したことがない程の睡眠不足による苦痛を感じますし、気持ちの上では「大丈夫」と思っていても体はストレスを感じてしまいます。

ですから新生児が夜中に起きる状態が続いている間は、多少部屋が汚かろうと洗濯物が溜まろうと無理をせず、日中に赤ちゃんと一緒に寝て体調を崩さないように心掛けましょう。

育児が始まったばかりで体調を崩すと後が大変!「出産は病気じゃない」と無理をしたことで、産後の体調不良で育児どころではなくなってしまうママもいるんです。

「辛いからといって寝てばかりいると着られる服が不足するし、食べ物がなくなって生活に困る」という場合は、思い切ってファミリーサポートセンターなどを利用して、洗濯や掃除、調理や買い物などの家事を代行してもらうのも一つの方法です。

育児の大変さは赤ちゃんの1年間だけで終わるわけではありませんので、とにかくママは無理をしないようにし、夫婦で協力したり可能であればファミリーサポートセンターや家事代行サービスなどを利用したりして、母体に負担をかけ過ぎずに乗り切りましょう。

なんで赤ちゃんは夜泣きをするの?急速な発達と関係しているらしい

医者が笑顔で回答する

実は赤ちゃんの夜泣きのハッキリした原因というのは、まだ解明されていません。けれど生後6ヶ月頃~1歳くらいと言えば、赤ちゃんの脳がめざましい発達をする頃。どうやらそこに秘密がありそうなのです。

一説によると、睡眠中に日中の記憶を整理することができるようになり、日中起こった刺激的な出来事が原因で夢を見ているからでは?と言われています。

また家族の顔を認識できるようになり夜中に目が覚めた時に暗闇でママがそばにいなくて不安に感じた、昼寝のしすぎで体内時計が狂って睡眠リズムが乱れた、赤ちゃんの気質、ママが大好きで気をひている精神的な不安、眠り方へのこだわりなどが原因ではないかとも言われています。

生後6ヶ月前後から始まる夜泣きについては、歯が生え始めてムズムズしたり痛かったり痒かったりするため泣くのでは?という説も。生後6ヶ月頃で日中も不機嫌な場合は、歯固めを与えてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの夜泣きは一体いつまで続くの?ピークは生後9ヶ月

泣く子に困惑する母親

赤ちゃんの夜泣きについては度合いや期間の個人差が大きいので、何歳になれば終わる、何ヶ月間続いたら終わる、などと明確な答えはありません

ただ、赤ちゃんの夜泣きのピークは一般的に9ヶ月頃と言われ、1歳半頃からはだんだん泣く回数も減少する傾向にあります。

  • 「早く夜泣きが始まったと思ったら、1ヶ月で終わった」
  • 「2歳になっても夜泣きがおさまりません」
  • 「ベッドに寝かせていたのを、添い寝に変えたら納まりました」
  • 「下の子を妊娠してから上の子の夜泣きが始まった」

赤ちゃんの夜泣きがいつから始まりいつまで続くかは、個性だけでなく環境にも左右されます。
例えば、夜中に返って来たパパが赤ちゃんを起こすと赤ちゃんの睡眠サイクルは狂ってしまいますし、家庭内に怒鳴り声が響いていれば赤ちゃんは情緒不安定になるでしょう。泣く度にすぐ抱き上げていたため、ユラユラしないと眠ないというこだわりができ、薄っすら目が覚めたことでママやパパを呼んでいることも。

「赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるの?」「いつまで続くの?」と不安を感じているママは、先のことを考えすぎて心配し過ぎず、睡眠・栄養・運動という赤ちゃんの成長に必要な3つの要素を満たすことに注力しましょう。生活リズムを整えて穏やかで笑顔溢れる健全な環境を作ってあげれば、赤ちゃんの夜泣きを解消しやすくなります。

またネントレに挑戦してみるのもおすすめです。ネントレとは赤ちゃんに一人で眠れるようになってもらうためのトレーニングですが、ネントレを始めることで赤ちゃんの夜泣きがいつまでも続くのではいかという絶望的なママの不安も軽くなりますし、赤ちゃんの夜泣きがあっさり終わることもあります。

赤ちゃんの夜泣きの期間はママの昼寝で短くなるかも!?

赤ちゃんを抱く母親

個人差がある夜泣きですが、生後2週間を過ぎると赤ちゃんは母親の表情を認識しはじめ、徐々に周囲への共感力を発達させていきます。そのため敏感な赤ちゃんはママのイライラを感じて情緒が不安定になり、夜泣きに繋がることも。

ですからママが「夜泣きをしても赤ちゃんと一緒に昼寝をしていればいいし、そのうち終わるでしょ。家事は誰かに手伝ってもらえばいいし。」くらいにおっとり構えている方が、赤ちゃんの情緒は安定しやすく夜泣きを短くさせやすいのです。

赤ちゃんの夜泣きや昼夜逆転が続く期間は睡眠を少しでもとって体調を整え、できれば赤ちゃんと少し離れてリフレッシュできる時間を持つ方が、ママ自身も大らかな気持ちで赤ちゃんと接しやすくなります。

赤ちゃんの夜泣きは期間限定だと割り切って、新生児の頃と同様にママは赤ちゃんと一緒に昼寝をするようにしましょう。

もしパパや実家の家事への協力が得られない場合は、ファミリーサポートや一時保育を利用して家事支援を行ってもらったり、赤ちゃんを預かってもらって睡眠時間を確保したりする方法を検討するとよいでしょう。

赤ちゃんの夜泣きによる寝不足でイライラや落ち込みがいつまでも続くときは、図書館の乳幼児託児サービスなどを利用してリフレッシュするのもおすすめです。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ