6歳におすすめの絵本に関する記事

【6歳におすすめの絵本】面白くて本好きになる厳選13冊

【6歳におすすめの絵本】面白くて本好きになる厳選13冊

6歳の子供が楽しめる絵本を13冊厳選しました。大好きな絵本は子供にとって宝物。お子さんにも素敵な宝物が見つかりますよ。

マーミーTOP  >  子育て  >  【6歳におすすめの絵本】面白くて本好きになる厳選13冊

6歳におすすめの面白い絵本!子供が本好きになる厳選13冊

6歳になり小学校へ入学すると、文字を習い音読繰り返し、どんどん文字が読めるようなっていきます。その反面「ウチの子は、小学生なのに自分で本を読まない」と心配になるママもいますが、絵本の読み聞かせを通して親子で触れ合うことは、6歳の子供にとってまだまだ大切なことなのです。親子の触れ合いタイムだと思って、どんどん読んであげましょう。

こちらでは、小学校入学を心待ちにしている6歳の年長児や、毎日大きなランドセルを背負いながら通学している6歳の小学一年生、本好きな子や本が苦手な子におすすめの、年長児向け、本好きの6歳児向き傑作、自分で本を読む子供向け、役に立つ民話や伝記、夢中になれる迷路や探し絵本など、幅広いジャンルから6歳の子供が楽しめる厳選した13冊をご紹介します。

入学が待ち遠しい!年長児向け絵本

もうすぐ憧れの小学1年生。小学校に入学する日を楽しみにしている年長さんにピッタリの本をご紹介します。6歳のお誕生日プレゼントとしてもおススメです。今まで以上に、入学が待ち遠しくなってしまうかも。

ランドセルがやってきた
大人気「中川ひろたか」作!新1年生に贈りたい一冊

ランドセルがやってきた

文  中川ひろたか  絵 村上康成

出版社:徳間書店

価格:1,300円 + 税

うみひこくんのところに、おじいちゃんから青いランドセルが届きました!早速、新品のランドセルを背負って外に出てみることに…。
主人公のワクワク感が文章や絵からよく伝わってきて、お子さんも感情移入できる内容になっています。大人気の中川ひろたか×村上康成コンビが描く、入学祝いにピッタリの1冊です。

一年生になるんだもん
入学までの準備の様子が楽しく描かれた絵本

一年生になるんだもん

文 角野栄子  絵 大島妙子

出版社:文化出版局

価格:1,300円 + 税

「入学するのは楽しみだけど、小学校ってどんな所?少し不安だな」そんな気持ちはどのお子さんも持っています。入学までの日々を楽しく描いている本作を読むと、「不安なのは自分だけじゃないんだ」と心強い気持ちになるでしょう。
この本があれば入学準備は完璧!?お子さんと楽しく入学準備のお勉強をしましょう♪

本好きの6歳におすすめの傑作

6歳になると、少し長い絵本も読み聞かせ出来るようになってきます。感受性豊かな幼少期だからこそ、おすすめしたい傑作をご紹介します。一度に全部読もうとすると飽きてしまうお子さんや、時間が取れないご家庭では、何回かに分けて読んであげましょう。毎晩寝る前に少しずつ読んであげて「続きが楽しみ」と思わせるもの良いですね。

手ぶくろを買いに
母の愛情の深さが詰まった1冊

手ぶくろを買いに

作 新美南吉  絵 黒井健

出版社:偕成社

価格:1,400円 + 税

寒い雪の日。寒さで手が冷たいと言う子ぎつねのために、手袋を買ってあげようとする母ぎつね。人間に不信感を抱く母ぎつねは、子ぎつねの片手を人間の手に変え、お金を持たせて町に買いに行かせます。果たして子ぎつねは無事にお買い物ができるのでしょうか。
清らかな心の子ぎつねと、子を愛する母ぎつね。心温まる名作です。

わすれられないおくりもの
永遠の別れと友情の素晴らしさを伝える傑作

わすれられないおくりもの

作 スーザン・バーレイ  訳 小川仁央

出版社:評論社

価格:1,200円 + 税

野原のみんなに慕われ、頼られていたおじいさんアナグマが亡くなりました。残された動物たちは、深い悲しみのなかアナグマに教えてもらったことを大切にしなが語り合います。
実はこのお話、小学校3年生の国語の教科書にも採用され、道徳の授業でも取り上げられることもある、素晴らしいお話です。永遠の別れを子供に伝えることは、とても難しいのですが、この絵本は優しく温かく子供達の胸にしみわたるお話しになっています。大人が読んでも心に染みますよ。

ぞうのババール
半世紀以上も読み継がれてきたぞうのババールの愛溢れるストーリー

ぞうのババール

作 ジャン・ド・ブリュノフ  訳 やがわすみこ

出版社:評論社

価格:1,400円 + 税

シリーズ化されているフランスのベストセラー絵本です。1作目の本作は、ぞうのババールが産まれた時から、ぞうの国の王様になるまでを描いています。冒険絵本としても、愛溢れる絵本としても楽しめる秀作です。
少し長めのお話なので、ゆっくりと読み聞かせてあげたい時におススメの1冊です。

面白くて役に立つ!民話や伝記

民話・昔話・伝記には、生きていく上で重要なヒントが沢山詰まっています。昔話は、小さい頃から読み聞かせて知っている話でも、6歳になりお子さんが自分で読んでみるとまた違った感じ方をするようですよ♪

小学校の図書室でも民話や昔話コーナーは、小学1年生に大人気!先生もおすすめしています。民話や昔話を読んで、得意げにママに教えてくれる子供の姿も可愛いものです。お子さんに伝記を読んであげる時は、「○○を発明した人」などわかりやすい伝記からスタートすると、お子さんも入りやすいでしょう。

十二支のはじまり
干支を分かりやすく、楽しく教えてくれる一冊

十二支のはじまり

作 やまちかずひろ  絵 荒井良二

出版社:小学館

価格:1,000円 + 税

「干支って何?」「十二支にはどんな動物がいるの?」などの子供の疑問に、わかりやすくユーモアたっぷりに答えてくれます。
表紙のイラストを見ただけで、十二支の順番が一目でわかるのもうれしいですね。お正月には、毎年干支が話題になりますね。お年玉のプレゼントとしてもおすすめです。

いっすんぼうし
美しい絵が魅力!繰り返し読みたい昔話

いっすんぼうし

文 石井桃子  絵 秋野不矩

出版社:福音館書店

価格:1,100円 + 税

最近では昔話の絵も、子供が親しみやすいように可愛らしい感じで描かれているものもありますが、本作は、いかにも昔話という美しく柔らかなタッチで描かれています。
6歳になり「本格的な昔話を読ませたい」と考えている時におすすめの一冊です。勇敢で親思いの一寸法師のお話は、子供の心にもきっと響くことでしょう。

ライト兄弟
空を飛ぶことにすべてをかけた兄弟の物語

ライト兄弟

作 鶴見正夫  絵 徳田秀雄

出版社:ひさかたチャイルド

価格:1,400円 + 税

初めて伝記に触れるお子さんにピッタリの内容です。ライト兄弟の子供時代のエピソードが豊富に描かれているので、お子さんにも親しみやすくなっています。何度失敗してもくじけることなく、努力することの大切さを学ぶことができます。
伝記には6歳だと少し難しいものが多いのですが、この本は5歳以上の読み聞かせや、小学1年生以上の一人読みにもぴったりの伝記シリーズですので、お子さんが興味を持てば他の偉人の伝記も読んであげたいですね。

1人でも読める興味深い絵本

子供は、気に入った本が見つかると何度も繰り返し読みます。色々な本に触れることも大切ですが、大好きな1冊に出会えることも素敵なことですね。

年長児や小学校入学当初は読めない本も、1年経てばあっという間に読めるようになってしまう6歳児!初めのうちは読み聞かせてあげていたのに、1年後には自分で取り出して読むようになっていますよ。子供が繰り返し読みたくなるような、好奇心を刺激する絵本・ユーモアたっぷりの絵本をご紹介します。

バナナのはなし
これを読めば、あなたも「バナナ博士」!?

バナナのはなし

作 伊沢尚子  絵 及川賢治

出版社:福音館書店

価格:900円 + 税

子供も大好きな身近な果物バナナの意外に知らない秘密が詰まっていす。「黒くなるのはなぜ?」、「タネはどこにあるの?」など、この本を読むとバナナに詳しくなれます。お子さんも、幼稚園や小学校でバナナの豆知識を披露したくなるでしょう。
読み物だけでなく本作品のような知識絵本も、実は6歳児の興味を引き、大喜びする可能性大です。

10おしりをしりたい
子供が大好きな「おしり」の秘密を解明します!

おしりをしりたい

作/絵 鈴木のりたけ

出版社:小学館

価格:1,300円 + 税

子供ってどうして「おしり」が好きなのでしょうか?子供に大人気の「おしり」を真面目に、そしてユーモアたっぷりに描かれています。お子さんも、仲良し3人組「おしりおしり隊」の一員になったつもりで読めるでしょう。
表紙の絵もとってもインパクト大。思わずお子さんが手にしてみたくなるような1冊です。

11よかったね ネッドくん
ネッドくんの旅は波乱万丈!無事到着するのでしょうか?

よかったね ネッドくん

作 レミー・チャーリップ  訳 やぎたよしこ

出版社:偕成社

価格:1,400円 + 税

ニューヨークから遠いフロリダのパーティー会場までネッドくんは、はたして無事たどり着けるのか?旅の途中、ネッドくんには色々なことが起こります。スピード感あふれる展開に、お子さんもドキドキすることでしょう。
1969年に発売されアメリカで大人気となりました。今読んでも全く古さを感じさせない、スリル満点の絵本です。

本が好きになる!夢中になれる迷路や探し絵本

迷路や探し絵本は、絵の魅力が満載で子供が夢中になる要素が沢山詰まっています。お友達やママ・パパと競いながら読んでいくのも楽しいですね。文字を読むのが嫌いなお子さん、本は好きだけれどまだ一人で読めないお子さんも、本好きになる1冊です。細かく描かれた絵は、読むたびに新しい発見があり、何度も繰り返し読みたくなりますよ。

12時の迷路
迷路とかくし絵が一緒になった大人気シリーズの1冊目

時の迷路

作/絵 香川元太郎

出版社:PHP研究所

価格:1,300円 + 税

歴史検証イラストレーターでもある作者が描く、絵の緻密さにまず驚かされます。迷路・かくし絵・クイズが一つになった、盛りだくさんの内容に子供と一緒に親も夢中になってしまう、小学校の図書室でも人気のシリーズです。
時・昆虫・乗り物など色々なテーマがあるので、お子さんの興味のある1冊を選んで一緒に読んでみてはいかがですか?

13スペシャルなチャレンジ ミッケ!お~いシーモア!
大人気の「ミッケ」が更に面白くなって登場

スペシャルなチャレンジ ミッケ!お~いシーモア!

作 ウォルターウィック  訳 糸井重里 

出版社:小学館

価格:1,800円 + 税

小学校や幼稚園でも大人気のさがし絵本「ミッケ!」のダイナミックなジオラマが楽しめるスペシャル版です。ミッケファンだけでなく、初めてミッケを読むお子さんにも楽しんでもらえるでしょう。
色々な仕掛けが隠されているので、繰り返し読んでも飽きることがない1冊です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ

この記事と関連性の高い記事