夏バテ対策・対処法に関する記事

【夏バテ対策】飲み物/食べ物/運動など5大要因別の対処法

【夏バテ対策】飲み物/食べ物/運動など5大要因別の対処法

猛暑でも元気にハツラツとした女性でいたい!夏バテ知らずで、夏を乗り切る対策をご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  【夏バテ対策】飲み物/食べ物/運動など5大要因別の対処法

【夏バテ対策】そもそも夏バテって何?5大原因を撃退する方法

噴出す汗を拭く女性

夏になると暑さに「だるい」「動きたくない」「食欲がない」などの声が多く聞かれますね。すると多くの人が「夏バテじゃない?」と言いますが、夏バテってなんのことだかハッキリとわかっている人は意外と少ないものです。

そんな夏バテとは何か、そして5大原因と言われる「運動」「睡眠」「食べ物」「水分」「生活習慣」の面から、どのようにして夏バテ対策をしたらいいのかをご紹介します。

夏バテとは?

一般的には夏の「倦怠感」「食欲不振」「胃腸障害」などの体調不良を総じて「夏バテ」と呼んでいるようです。奈良時代に詠まれた万葉集には「夏痩せ」という言葉もあり、昔から夏の暑さに体調不良を起こす人は少なくなかったのでしょう。

その原因は暑さや気温差など以外に、「運動」「睡眠」「食べ物」「水分」「生活習慣」という5つの要素に関わる悪習慣が原因で、複数の要因が悪影響をおよぼしあい、自律神経や体内の各器官の働きを鈍らせていると考えられています。

運動での夏バテ対策

夏は暑くて、普段運動があまり嫌いではない人も、運動を避けてしまいがち。また紫外線の影響や熱中症も心配されて、ついつい屋内のクーラーの効いた涼しい環境でのんびりしがちになりますよね。ところがその運動不足が夏バテを加速させてしまいますので要注意!夏だからこそ生活に運動を取り入れましょう

運動と夏バテの関係

背伸びする女性

適度な運動は夏バテ予防に最適です。冷房で冷えてしまった身体の血行促進や、自律神経の働きを整える効果があります。無理してわざわざ暑い屋外に出なくても、室内でも簡単にできる体操やヨガ、ストレッチでOKですので、本格的な夏が来る前に始めてみましょう。

ラジオ体操を取り入れる

また、朝の涼しい時間帯や夕方のウォーキングもおすすめです。夏休みには子供たちがラジオ体操にでかけますよね。ラジオ体操もバカにはできません。体操のお姉さんになった気分で真剣に体操すると汗が出てきて、毎日続けることで夏バテにも効果を発揮しますのでおすすめです。

睡眠での夏バテ対策

夏は花火大会やお祭りなどワクワクするイベントが盛りだくさん!子供も大人もお年寄りも、気分が高揚しやすい時期ですよね。ところがそんな気分にのまれて、夜更かしを続けると夏バテしてしまいますので要注意!疲れやすい夏だからこそ、特別なイベントの日以外は規則正しい睡眠をとりましょう。

睡眠と夏バテの関係

パジャマ姿で体を伸ばす女性

良質な睡眠は夏バテ対策だけでなく、身体と脳をしっかり休め、良い仕事をするためにも大切です。女性ならお肌にも影響が出るので睡眠不足は大敵といえますね。特に22時~2時は成長ホルモンの分泌が活発になるので、この時間帯に寝たほうがベストです。実際に、よく眠った翌朝は化粧のりがちょっと良かったりしますよね。

また、規則正しい睡眠をとることで自律神経も整えられます。最近は冷房による自律神経の乱れが、夏バテの原因の1つと言う指摘もありますので、良質な睡眠をとって夏バテ対策をしましょう。

早寝早起きをしよう

カーテンを開けて陽射しを浴びる女性

早寝早起きを基本とし、朝は日光を浴び、夜更かしせずに寝ることで夏バテ対策をしましょう。人は体内時計を持っており、朝日を浴びるとリセットされます。朝日の光によってメラトニンが分泌され、14~16時間を経過すると眠くなり再度睡眠の準備に入るのです。忙しいとなかなか難しいのですが、できるだけ早く寝るよう心がけましょう。

眠りやすい環境を整えよう

就寝前にエアコンをつけて、部屋の冷房と除湿をして寝やすい環境にしておきましょう。また、寝る時のタイマー設定は4時間で切れるようにしておきましょう。2~3時間でタイマーを切ってしまうと、レム睡眠(浅い眠り)の時にタイマーが切れて部屋が暑くなっていることに気づき、寝苦しさのあまり目が覚めてしまうそうです。

また、エアコンが使えない方には氷枕や冷感シーツなどがおすすめです。頭部や顔だけでも涼しく感じられると、快適に寝付けるそうですよ。

食べ物での夏バテ対策

「夏はジュースやアイスの飲み過ぎ食べ過ぎに注意!」よく言われますが実は夏の食べ物で、ほかにも体を冷やしてしまう食材があることには、意外と気づいていない人も少なくありません。暑いからといってアイスなど冷たい食べ物や飲み物ばかり飲むと、胃液が薄まり消化機能が低下します。消化機能が低下すると栄養が吸収されにくくなったり、下痢を起こしたりもします。結果、栄養不足の状態となり、体力も落ちてしまいます。

食べ物と夏バテの関係

暑い夏を乗り切るエネルギーを生み出すビタミンB1、疲労回復に効果の高いクエン酸、弱りがちな胃粘膜を守るβカロテンなど、夏バテから体を守る栄養素がふんだんに含まれた食べ物を、毎日の食生活に取り込むことで夏バテの対策ができます。汗や尿で体外に排出されるビタミン類などもあるため、1回のドカ食いではなく毎日摂るとよいでしょう。

夏バテ対策には量より質!

昔は「夏バテしないように沢山食べなさい!」と言われたりもしましたが、今では量より質の大切さが言われるようになりました。冷たいそばやそうめんをいくら食べても、夏バテは悪化する一方!夏の「疲労感」「紫外線」「食欲不振」などの回復効果の高いビタミンB1、クエン酸、βカロテン、ビタミン類、ミネラル、タンパク質などの多く含まれる食品を食べるようにしましょう。

夏バテ対策には辛いモノ!

辛い食べ物を適度に食べると、胃腸を刺激し食欲増進効果があります。香辛料を使った料理をネットで検索すると、簡単に調理できるレシピがたくさん出てきますよ。カレーに含まれるターメリック、唐辛子、クミンなどには発汗作用や抗酸化作用、食欲増進効果などがあります。

夏バテ対策に冷たい食べ物もNG

ソーメンを食べる親子

冷たくて胃腸の働きを停滞させる食材として、意外と見落ちしがちなのが「そば」や「そうめん/ひやむぎ」などの冷たい麺類。暑くて調理したくない猛暑日が続くと、サッと冷たい麺類で夕飯を済ませることが多くなっていませんか?そばを食べたら暖かい蕎麦湯を飲むなど、胃腸が冷えないようにしましょうね。

夏バテにサプリメントは要注意!

今はサプリメントで栄養補給する人も多いですね。でも、やみくもにいろんな種類のサプリを利用するのは注意が必要です。効果的に利用するためにはサプリメントの成分や安全性なども考慮する必要があります。栄養は食品から摂ることが基本だということを忘れないでくださいね。

水分での夏バテ対策

夏は暑くてのどが渇き、熱中症や脱水症状が怖いからと冷たい水分をガブガブ飲むのはNG!だからといってぬるい水分や白湯をガブガブ飲んでしまう人もいますが、これもNGです。また、水は飲んでいたけれど電解質がふそくして脱水症状になってしまうこともありますので、十分注意しましょう。

水分不足と夏バテの関係

夏は汗をかく分、水分補給が大切です。自覚症状がないので、つい水分を摂るのを忘れてしまい脱水ぎみになり、体がだるくなって夏バテしまうこともあります。体重の3%の水分が不足すると心臓に負担がかかり、身体機能が鈍くなってしまうということを覚えておきましょう。

汗をかかないように、わざと水分を控える人もいますが、大変危険ですのでやめましょう。また子供のおねしょ対策で、寝る前の水分を控えて「のどが渇いた」と訴える子供に水を飲ませないママもいますが、おしっこの色が濃い、回数が少ないと言う場合は脱水ぎみです。きちんと水分を摂らせましょう

冷たい飲み物や水分の摂り過ぎに注意

ペットボトルの水を飲む

冷たい飲み物の飲み過ぎが胃腸の働きを鈍らせ、夏バテの元となってしまうことは、ご存知の方も多いと思いますが、水分の摂り過ぎは気にしていない人が多いかも…。

水分を一度に過剰摂取してしまうことで、体内の電解質のバランスが乱れ、水中毒やむくみ、下痢、嘔吐、動悸、息切れなどの体調不良を引き起こすとも言われていることは、意外と知られていないようです。夏は熱中症予防に水分摂取や大変重要ですが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということを覚えておきましょう。

白湯を飲み過ぎないで

冷たい飲み物を摂りすぎるのは良くありませんが、汗をかいたらその分の水分補給をしましょう。ただし、白湯に関しては注意が必要!一日800ml以上飲むと、体内の毒素だけでなく必要な栄養素も輩出してしまいます。

水やお茶、スポーツ飲料などを飲むようにしましょう。冷房のきいた室内では常温か温めた飲み物がいいでしょう。ハーブがお好きな方ならミントティーがおすすめです。食欲増進・胃腸の働きに効果があるそうですよ。

生活習慣での夏バテ対策

日頃何気なく生活していると、気づいたら昨年と同じような夏バテ症状に苦しめられていた…なんてこともあります。生活習慣を見直すことで夏バテ対策をしましょう。

湯船につかりましょう

浴槽に入りながらヘッドホンをする女性

入浴はシャワーだけで済ませず、39℃前後のお湯に長時間浸かると疲労回復効果があり、夏バテ対策に効果的です。半身浴で腰のあたりまで温めるだけでも大丈夫です。身体の老廃物を排出する効果もあり、お肌もすべすべになり、わき汗や加齢臭の対策にもなります。

冷房の温度設定、扇風機の活用

室内と外の温度差は5度以内が望ましいと言われていますので、冷房の温度設定を27度以上に設定しましょう。ちょっと暑いと感じるときは、扇風機やサーキュレーターを活用するといいですね。直に強風が当たらないよう少し上向きにし、空気を循環させます。

又、オフィスなどで冷房の温度調節ができないときは身体が冷え過ぎないように、カーディガンやひざ掛けなどの羽織物を用意しておきましょう。

アルコールの量はほどほどに

アルコールを多量に摂取する人は、夏バテしやすい傾向があります。アルコールには利尿作用があり、ガブガブ飲んでも水分は排出されるため、気づいたら水分不足で体がだるくなっていることがあります。アルコールの摂取量はほどほどにし、お酒以外の水分の摂取もするように心掛けましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪