離乳食のチンゲン菜レシピに関する記事

離乳食のチンゲン菜の健康効果は?初期~完了期簡単レシピ

離乳食のチンゲン菜の健康効果は?初期~完了期簡単レシピ

離乳食は栄養満点のチンゲン菜で、赤ちゃんが季節の変わり目を元気に乗り切れるようにサポートしましょう。茎はいつからOKか、離乳食向きの青梗菜の選び方や下ごしらえ、初期~完了期のおすすめ簡単レシピをご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食のチンゲン菜の健康効果は?初期~完了期簡単レシピ

離乳食のチンゲン菜はいつから?効能や下ごしらえは?段階レシピ

中国野菜の定番、チンゲン菜。10~11月の秋が旬ですが、今ではハウス栽培の青梗菜が一年中スーパーで見られるようになりましたね。種をまいてから20~30日で食べられるようになりますので、家庭菜園にもおすすめの緑黄色野菜ですよ。

こちらでは、チンゲン菜はいつから食べられるか、食物アレルギーへの注意健康効果選び方などの疑問から、赤ちゃんが美味しく食べられる段階別の離乳食レシピまで、チンゲン菜を使った離乳食作りのあれこれをまとめてご紹介します。

チンゲン菜はいつから?食物アレルギー

チンゲン菜は離乳食の初期から与えることができます。ただし、繊維が多く含まれているので、初めは葉先をすり鉢ですりつぶして裏ごしするなど下ごしらえをしてから与えます。ほうれん草や小松菜などを与えた後、離乳食に慣れてきてからチンゲン菜を与えてみましょうね。

チンゲン菜の茎はいつから?

チンゲン菜の茎

茎の部分は食物繊維が多いため、飲み込む練習をする初期や、初めて噛む練習をする中期にはおすすめできません。あまり焦って離乳食を進めてしまうと、赤ちゃんが不快に感じて食べなくなることがあるので、噛むことに慣れてきた後期から与えるとよいでしょう。

最初に茎を与える時は、小さく切って、しっかり煮て柔らかくしてから与えるようにしましょうね。

チンゲン菜の食物アレルギー

沸騰したお湯

チンゲン菜はアクが少なく食物アレルギーの心配が少ない緑黄色野菜。けれど、緑黄色野菜の代表格、ほうれん草や小松菜などと同様に、害があると言われている硝酸塩が含まれています。そのため、赤ちゃんによっては肌がかゆくなったり赤くなったりすることも…。心配な場合は、下茹でしてから使うとよいでしょう。

また、アレルギーが少ない食材だからと油断せず、他の食材と同様に、初めは赤ちゃん用のスプーンひと匙を、小児科の開いている日の午前中に与えて様子を見ましょう。

赤ちゃんへのチンゲン菜の健康効果

チンゲン菜は栄養たっぷりの野菜。ビタミン類が豊富で、ミネラルもたっぷり含まれている栄養満点の食材なのですよ。赤ちゃんの離乳食に取り入れて、冬を乗り切る丈夫な体作りをしましょうね。こちらでは赤ちゃんが離乳食で食べると嬉しい健康効果をご紹介します。

肌トラブルが減り、風邪をひきにくくなる

沸騰したお湯

チンゲン菜には、非常に多くのβ-カロテンが含まれています。β-カロテンには体の免疫機能を保ってくれる働きや肌の粘膜を正常に保つ働きがあるので、風邪をひきやすい季節の変わり目に、赤ちゃんの体を守ってくれますよ。
また、皮膚の新陳代謝を高めてくれるため、乳児湿疹などの肌トラブルを軽減してくれる嬉しい効果も期待できます。

β-カロテンは熱に強く、油に溶ける脂溶性のビタミンですので、油と一緒に取り入れると吸収力が高まります。ので、離乳食後期以降は炒め物などにすると効果的に摂取できますよ。

茹でたチンゲン菜のβ-カロテン含有量は10gに260μgとたっぷり。β-カロテンは不足するとビタミンAに変換される栄養素ですので、ビタミンAのように過剰摂取による健康被害もほぼありません。みかんのようにあまりにも食べ過ぎると肌が黄色くなる柑皮症になりますが、食べるのをやめれば元に戻るため、万が一過剰摂取しても病院受診の必要はありませんし、離乳食の場合は量もすくなく過剰摂取の心配はほとんどありませんので、安心してあたえられますね。

血を止め、骨を丈夫にする

チンゲン菜に含まれるビタミンKは、新生児の頃に飲ませたK2シロップと同じ働きをします。出血した際に血液を凝固させる働きがあり「止血のビタミン」とも呼ばれています。

さらに、カルシウムを骨に沈着させる働きを持っており、骨を健康に保つ効果もあるので、成長期の赤ちゃんには欠かせない栄養素。その上、チンゲン菜はカルシウムも含んでいるので、赤ちゃんの丈夫な骨を作る上ではピッタリの野菜ですね。

ビタミンKの一日の摂取目安は、6~11ヶ月で7μg。1~2歳で60μg。茹でたチンゲン菜10gには12μgが含まれていますので、離乳食にチンゲン菜を上手に活用し、ビタミンKをしっかりと摂らせてあげましょうね。

離乳食用チンゲン菜の選び方や下ごしらえ

離乳食を食べた赤ちゃん

味付けが薄い離乳食では、より甘みの強い新鮮な素材選びが大切!ただし、新鮮なチンゲン菜でも離乳食向きの柔らかい種類がありますので、可能であればそちらを選んだ方がより赤ちゃんが食べやすいでしょう。
また、下ごしらえで硝酸塩を減らしておくと安心ですよ。大人用も一緒に下ごしらえして冷凍すれば、時短調理ができますね。

美味しいチンゲン菜の選び方

美味しいチンゲン菜を選ぶ時には、葉の部分と株元の白い部分に注目するのがポイントです。葉の色が黄色っぽくなっていたり、根元の切り口が茶色っぽくなりかけていたりするものは、鮮度が落ちたものです。鮮度が落ちていると栄養価も落ちるので、以上のポイントを押さえて美味しいチンゲン菜を選びましょうね。

離乳食向きのチンゲン菜の選び方

新鮮なチンゲン菜
  • 葉先がぴんとしていてみずみずしい
  • 葉の色は淡い緑
  • 茎の白い部分は、ふっくらと丸みを帯びてみずみずしい
  • 根元が白くみずみずしい

軟らかく食べやすいため離乳食向きなのがミニチンゲン菜。スーパーにはあまり置かれていませんので、家庭菜園が好きなママにはおススメです。スーパーで買うときも、葉の色が濃い緑のチンゲン菜の方が、色が薄いチンゲン菜より硬くてアクが強いため、離乳食では葉の色の薄いチンゲン菜で慣らしてあげた方が、好き嫌いしにくいですよ。

下ごしらえのコツ

チンゲン菜はアクが少ないので、離乳食でもそのまま蒸したり炒めたりして調理に使うことができます。ただし、パパやママがアトピー体質など、アレルギーが心配な場合は硝酸塩を抜くための下ごしらえをした方が、より安心ですね。

また、冷凍保存する時も、下茹でしてから冷凍しますので、買って来たらその日のうちに下ごしらえをし、冷凍しておくと、毎日の離乳食作りを時短できますよ。

  1. 根本を4等分する
  2. 葉と茎を分ける
  3. 葉は流水で洗う
  4. 茎は水に浸けて泥をしっかりと落とす
  5. 熱湯でゆでる
  6. 冷水で冷やし、硬く水気を切る

離乳食の時短調理に便利なペースト冷凍

冷凍保存袋のイラスト

チンゲン菜のペーストを冷凍しておくと、レンジで解凍するだけで一品簡単に作れてしまいます。
ペーストを作る時は、ダシや野菜スープと一緒にミキサーにかけると、チンするだけで食べられる離乳食になりますよ。離乳食の時短調理のために、ペーストを作って冷凍しておきましょう。

また、残った茎や葉は、食べやすい大きさにカットしてラップに包み、冷凍保存袋にいれて冷凍保存しましょう。お味噌汁や炒め物に入れるだけで、夕食の栄養価を簡単にアップできますね。

【離乳食のチンゲン菜】段階別おすすめレシピ

中華料理の定番のチンゲン菜ですが、離乳食を中華風にしなければならないと思ってしまうと、あまり使えない気がしますよね。チンゲン菜は食べやすい味なので、ほうれん草や小松菜といった葉物野菜と同じように調理すればいいのです!中華にしなくても美味しく食べられますよ。

【離乳食初期】チンゲン菜レシピ

チンゲン菜は、ほうれん草や小松菜に比べてクセがなく苦みも少ないので、赤ちゃんも食べやすく調理しやすい食材です。初期から与え始める時は、しっかり下ゆでをして柔らかくし、裏ごししたものを与えるようにしましょうね。

こちらでは、チンゲン菜のペーストをご紹介します。だし汁でのばすことで、赤ちゃんもより食べやすくなりますよ。

チンゲン菜のペーストのレシピ

チンゲン菜のペースト

材料:チンゲン菜葉先1枚、だし汁大さじ2

  1. チンゲン菜を下茹でする
  2. 細かくみじん切りする
  3. すり鉢に1を入れて、だし汁を加えながらすりつぶす

【離乳食中期】チンゲン菜レシピ

中期になると、お豆腐くらいのかたさの離乳食が食べられるようになりますが、チンゲン菜は繊維が多いので、まだ裏ごししたものを与えると食べやすいですよ。

こちらでは、チンゲン菜ペースと豆腐を使ったチンゲン菜と豆腐のとろとろ煮のレシピをご紹介します。水溶き片栗粉でとろみをつけてあげることで、赤ちゃんも飲み込みやすくなりますよ。だし汁の代わりに水で煮て、最後にかつお節をかけるだけでも、美味しく仕上がります。

チンゲン菜と豆腐のとろとろ煮のレシピ

チンゲン菜のとろとろ煮

材料:チンゲン菜葉先1枚、豆腐10g、だし汁1カップ、片栗粉小さじ1

  1. チンゲン菜は葉先を下ゆでしてペーストにする
  2. 豆腐は1cm角の大きさに切り下ゆでしておく
  3. 鍋にだし汁、1、2を入れて煮る
  4. 最後に水溶き片栗粉を入れてひと煮立ちさせる

【離乳食後期】チンゲン菜レシピ

後期以降からは、離乳食を手づかみ食べができるように工夫しましょう。お焼きやパンケーキに入れて与えるといいですね。赤ちゃんが指先を使う献立で、食べる意欲を育てましょうね。

こちらでは、手づかみ食べができるじゃがいもを使ったチンゲン菜のお焼きのレシピをご紹介します。焼いたものをラップに包んで冷凍保存できるので、おやつや足りない時の一品にと大活躍ですよ♪
モチモチして赤ちゃんがうまく噛みきれない場合は、一口サイズにちぎって与えると食べやすくなります。離乳食の進み具合によって片栗粉の量を調節し、硬さを調整してあげるとよいでしょう。

チンゲン菜のおやきのレシピ

チンゲン菜のお焼き

材料:チンゲン菜葉先1枚、じゃがいも1個、ツナ10g、片栗粉大さじ1

  1. チンゲン菜は下茹でしてみじん切りにする
  2. ツナはお湯通ししておく
  3. じゃがいもはすりおろす
  4. 1、2、3を混ぜ合わせて片栗粉を入れてまとめる
  5. 熱したフライパンに薄く油をひき両面を焼く

【離乳食完了期】チンゲン菜レシピ

この時期になると大人と同じ食事が食べられるようになります。ただし、離乳食の味付けはまだ薄味のものにするように気を付けましょうね。塩分が多いと、赤ちゃんの内臓に負担がかかってしまいます。大人と一緒に取り分けられる食事を作ることで、少しでも離乳食作りの負担を減らすことができますよ。

こちらでは、大人も美味しく食べられるチンゲン菜とツナの炒り卵をご紹介します。大人用には大根おろしをのせてお醤油をかけると美味しいですよ。最後にかつお節をかけることで味付けすることなく美味しく仕上がります。

チンゲン菜とツナの炒り卵のレシピ

チンゲン菜とツナの炒り卵

材料:チンゲン菜1枚、ツナ10g、全卵1/2個、かつお節少々

  1. チンゲン菜を1cm幅に細かく切る
  2. 熱したフライパンに薄く油をひき、卵を炒める
  3. 卵をお皿に取り出して置き、茎を先に炒める
  4. 3にチンゲン菜の葉とツナを入れて炒める
  5. 4に炒めた卵を加え、最後にかつお節をのせる

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ