離乳食のサツマイモ段階別レシピに関する記事

離乳食のサツマイモで便秘に!?上手な与え方や段階レシピ

離乳食のサツマイモで便秘に!?上手な与え方や段階レシピ

離乳食のサツマイモはただの炭水化物ではありません!ビタミンやミネラルたっぷりのNASAも注目する準完全栄養食。健康効果やアレルギーなどへの注意点に気をつけて、美味しく食べさせてあげましょう。甘くなる調理法やレシピも見逃せませんよ。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食のサツマイモで便秘に!?上手な与え方や段階レシピ

離乳食のサツマイモで便秘が悪化…なぜ?注意点や段階別レシピ

味つけしなくても甘みのあるサツマイモは、離乳食初期から食べさせることができる離乳食におすすめの食材。また、「食物繊維が多いから便秘が解消する」と言われているため、便秘ぎみの赤ちゃんに与えるママも多いのですが、どういうわけか便秘が悪化してしまうことが…。

そこで今回は、離乳食のサツマイモが本当に便秘に効くのか、上手な与え方、さつまいもの健康効果、離乳食で使う時の調理法など、サツマイモを離乳食で使用する時に知っておきたい便利な情報をご紹介します。離乳食の段階別におすすめのサツマイモレシピもご紹介しているので、献立作りの参考にしてみてくださいね。

サツマイモは赤ちゃんの便秘に本当に効くの?

サツマイモには本当に便秘解消効果があるのか?なぜ赤ちゃんの便秘が悪化してしまうのか?といった疑問について、実際のところはどうなのかを、まずは見ていきましょう。

サツマイモの便秘解消効果

サツマイモ

サツマイモには、巷で言われているように食物繊維がたっぷり。食物繊維の総含有量はジャガイモのおよそ2倍。少量でもしっかりとれますね。食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類がありますが、サツマイモにはどちらの食物繊維も豊富に含まれています。

不溶性の食物繊維は大腸の動きを活発にするため、便秘を解消させる効果があります。また、水溶性の食物繊維は便の水分量を増やし軟らかくするため、体外に排出しやすくなる効果があります。どちらも排便を順調に行うのに必要な働きですので、サツマイモは本当に赤ちゃんの便秘解消に効果的なんですよ。

また、サツマイモには麦芽糖も含まれていますが、麦芽糖は大腸で善玉菌の栄養分となり腸内環境を整える働きをします。サツマイモは、乳幼児の便秘薬としても有名なマルツエキスの原料にもなっている、便秘解消に効果的な食材なのです。

サツマイモによる便秘悪化

便秘解消効果があるはずのサツマイモなのに、なぜ離乳食でサツマイモを食べて便秘が悪化する赤ちゃんがいるのでしょう?

食物繊維のバランスは、水溶性と不溶性が1:2のバランスが理想的と言われています。水溶性食物繊維は保水性がありますので便が軟らかくなりますが、不溶性食物繊維は水分量が少ないため食べ過ぎると便が硬くなったりガスが溜まってお腹が張ったりしやすくなるのです。

さつまいもは種類や調理法により食物繊維のバランスが多少変わるものの、およそ1:2~3のバランスで食物繊維が含まれています。つまり、便秘を引き起こす不溶性食物繊維が若干多い。ですから、離乳食やおやつで「便秘にいいから」とサツマイモを食べさせ過ぎると、赤ちゃんの便秘が悪化してしまうのです。もちろん、便を軟らかくする水溶性食物繊維すら軟らかくならないので、水分が十分とれていないのもNGですよ。

サツマイモの上手な与え方

サツマイモは、与え方を間違えると便秘を悪化させてしまうことが分かりましたね。赤ちゃんに離乳食のサツマイモを与える時には、以下の2点に注意しましょう。

水分をしっかり与える

水を飲んでいる赤ちゃん

サツマイモを与えることによって赤ちゃんの便秘が悪化することのないように、離乳食やおやつでサツマイモを与える時には、水分も一緒に与えるようにてくださいね。また、水溶性食物繊維を多く含む食品を同時に食べるように心がけることも大切です。

水溶性食物繊維のバランスが多い食材

  • 玉ネギ
  • オートミール
  • いちご
  • ブドウ
  • スイカ
  • 納豆

安納芋は量や味付けに注意する

サツマイモには、色々な種類ものがあり、それぞれ味や含まれる栄養素が少しずつ異なります。鹿児島県特産の安納芋は柔らかくて甘みが強くとても美味しいですが、ショ糖が多く含まれるため赤ちゃんには甘すぎ。赤ちゃんに安納芋を与える時には、だしやお湯で薄めて味を薄くしたり、量を控えめにしたりしてショ糖の摂取量が多くなりすぎないように注意してくださいね。

サツマイモの赤ちゃんへの健康効果

サツマイモは芋類ですよね。そのため、ご飯と同じ炭水化物(糖質)に分類されますが、「野菜を凝縮した食品」と言われるほど、ビタミンやミネラルが豊富です。食物繊維以外にも、赤ちゃんに嬉しい健康効果が詰まっていますよ。

熱中症を防ぐ!カリウム

夏にお出かけする赤ちゃんとお母さん

サツマイモにはカリウムが豊富に含まれています。暑い季節は汗とともにカリウムが体外に排出されてしまうため、赤ちゃんもカリウム不足に陥りやすくなります。体内のカリウムが不足すると熱中症になる恐れがありますので、夏の熱中症予防に離乳食でサツマイモを食べさせるのは効果的なのです。

また、カリウムは高血圧やむくみを予防する効果もあるので、最近血圧が高めだなというパパや出産後もむくみがとれないママのもおススメですよ。

肌トラブルを防ぐ!ビタミンC

サツマイモにはりんごの約6倍のビタミンCが含まれています。また、ビタミンCは一般的に加熱による損失が多いと言われていますが、サツマイモに含まれるビタミンCはサツマイモに含まれるでんぷん質に保護されるため、6割以上が加熱してもそのまま残ってくれます。

ですから、紫外線による赤ちゃんの肌トラブルや風邪の予防として、ぜひ離乳食にサツマイモをとりいれましょう。

元気になる!ビタミンB1

元気な赤ちゃん

ビタミンB1は、糖をエネルギーに変換するために不可欠な栄養素。サツマイモには同じ糖質の白米と比べてビタミンB1がおよそ5倍も含まれていますので、ばっちりエネルギーチャージができて、赤ちゃんが元気になりますよ。

逆に、ビタミンB1が不足すると疲労を感じやすくなります。そのため、ビタミンB1を含むサツマイモは、赤ちゃんのおやつにも最適ですし、NASAも注目するほどの準完全栄養食なのです。

離乳食のサツマイモ調理

離乳食のサツマイモを手軽に調理する方法や冷凍保存法、電子レンジで甘く調理するためのコツをご紹介します。離乳食に使いやすいサツマイモ。手軽に美味しく食べる調理法を覚えておくと便利ですよ。

ペーストにはブレンダ―やミキサーが便利!

離乳食ではサツマイモをペーストにして使用することが多いです。サツマイモは、潰しただけだとザラザラした食感が残るため、離乳食で使用する時には裏ごしする必要がありますが、繊維が裏ごし器の目に詰まって面倒。少量の調理にはブレンダ―、まとめて大量に調理する時はファイバーミキサーを使うと、サツマイモのペーストが楽ですよ。

マルチクイック MQ 735
マルチクイック MQ 735

BRAUN(ブラウン)

パワフルなモーターを搭載しているブレンダ―ですので、さつまいものペースト作りやスープ作りにも大活躍。お手入れも計量カップに洗剤とぬるま湯を入れて、20秒程度スイッチを入れるだけ!1本あると便利ですよ。

http://www.braunhousehold.com

ファイバーミキサー MX-X301
ファイバーミキサー MX-X301

パナソニック

安心の日本メーカーのブレンダ―です。ガラス製なので臭いや色が付きにくく、いつまでも清潔に使えます。離乳食だけでなく毎朝のパパ・ママのスムージー作り、お子さんが大きくなってからは夏のかき氷作りにも活用できます。

http://panasonic.jp

サツマイモは冷凍保存OK?

サツマイモは、加熱後であれば冷凍保存することができます。柔らかく茹でてから、ペースト状や輪切りなど離乳食の進み具合に合わせたものを小分けにして冷凍しましょう。家庭用の冷凍庫は温度変化が激しいので、冷凍保存したサツマイモは1週間を目安に来るだけ早めに使い切るようにしましょう。

甘いサツマイモ離乳食にするコツ

鍋のイラスト

サツマイモを調理する時に少し手間を変えることで、甘いサツマイモ離乳食にすることができますよ。また、変色しない黄色く美味しそうな離乳食にするためには、皮をむいて切ったサツマイモを、10分程水にさらしてアク抜きしましょうね。

甘くするコツは、加熱する時にじっくりと調理すること。電子レンジでパパっと加熱せず丸ごと蒸したり、オーブンでじっくり煮たりすると甘くなりますよ。

でも、忙しいママは電子レンジで簡単に甘く調理したいですよね。そこでこちらでは、電子レンジで甘くする方法もご紹介しちゃいます。解凍モードや100wがある電子レンジをお持ちのママ、さっそく試してみて下さいね。

サツマイモを甘くする電子レンジでの調理法

材料:サツマイモ1本

  1. サツマイモの泥を洗い落とし、キッチンペーパーでくるむ
  2. 1をそのまま水でぬらしたら、ラップに包む
  3. そのまま電子レンジに入れて500wで2分加熱する
  4. 電子レンジの解凍モード(100wでもOK)で15~20分加熱する

※加熱時間はサツマイモの大きさにより調節しましょう

【離乳食のサツマイモ】段階別おすすめレシピ

サツマイモは、離乳食初期から使うことができ、甘みもあり赤ちゃんが気に入りやすい野菜のひとつです。色々な食材とあわせて離乳食に活用してくださいね。段階別のおススメレシピをご紹介します。

【離乳食初期】さつまいもレシピ

離乳食初期では、蒸したり茹でたりしたサツマイモを潰して離乳食に使用します。お粥や他の野菜とあわせると甘みが増し、食べやすくなりますよ。まだ飲み込むのがやっとの時期ですので、硬さに気をつけてポタージュスープくらいサラサラした状態から与え始めましょう。

こちらでは、「サツマイモとリンゴのトロトロ煮」のレシピをご紹介します。リンゴもサツマイモと同じように便秘の予防に効果がある食材で、若干不溶性食物繊維の割合が多いのですが、りんごには便秘解消に効果的な働きをするオリゴ糖が含まれていて、加熱すると量が増えます。そのため、腸内環境がよくなり便秘を解消できますよ。

サツマイモとリンゴのトロトロ煮のレシピ

サツマイモとリンゴのトロトロ煮

材料:サツマイモ、リンゴ、水

  1. サツマイモの皮をむいて水にさらし、加熱して軟らかくする
  2. サツマイモを裏ごしするなどしてペースト状にする
  3. リンゴの皮をむいて、すりおろす
  4. 鍋に水を入れて火にかけ、リンゴを煮る
  5. リンゴがトロトロして来たら、2のサツマイモを加えてしばらく煮る
  6. 必要に応じて、お湯で伸ばして水分量を調節する

【離乳食中期】さつまいもレシピ

離乳食中になると、細かく刻んだサツマイモも食べることができるようになります。コロコロしたサツマイモは、潰したサツマイモとはまた違った食感を楽しめますので、色々なお野菜と煮て栄養満点のサツマイモ離乳食を食べさせてあげてくださいね。

また、サツマイモはポタージュにすると赤ちゃんから大人まで美味しく食べることができます。サツマイモだけでも十分美味しいポタージュができますが、玉ねぎや人参など冷蔵庫に残っている野菜をプラスすると、更に美味しくいただけますよ。

サツマイモと玉ねぎのポタージュのレシピ

サツマイモと玉ねぎのポタージュ

材料:サツマイモ、玉ねぎ、野菜スープ

  1. サツマイモの皮をむき、輪切りにして、水にさらす
  2. 玉ねぎの皮をむき、薄切りにする
  3. 鍋に水と野菜スープを入れて火にかけ、サツマイモと玉ねぎを加える
  4. 野菜が柔らかくなったら火を止め、粗熱をとる
  5. 粗熱が取れたら、ミキサーかける

【離乳食後期】さつまいもレシピ

離乳食後期に入り1日3回食に進むと、「そろそろ手づかみ食べの練習をさせようかな」と考えるママも多いですよね?サツマイモは手づかみ食べ離乳食に使用しやすい食材ですので、おやき、スティック、きんぴらなど色々な手づかみメニューを赤ちゃんに作ってあげましょう。

こちらでは、サツマイモとかぼちゃをマッシュしたものを食べやすいようにスティック状にした手づかみメニューをご紹介します。食材をマッシュして冷凍保存しておくと、すぐに作ることができる時短メニューです。もちろん、茶巾にしても可愛らしいですよ♪

サツマイモとかぼちゃのスティックのレシピ

サツマイモとかぼちゃのスティック

材料:サツマイモ、かぼちゃ

  1. サツマイモの皮をむきアク抜きして、柔らかくゆで潰して裏ごしする
  2. かぼちゃの皮をむき、柔らかくゆでて潰す
  3. サツマイモとかぼちゃを混ぜ合わせて、スティック状にする

【離乳食完了期】さつまいもレシピ

離乳食完了期になると、大人の料理の取り分けを出来ることも多くなります。毎日3回の離乳食作りは大変ですから、冷凍食材の活用や取り分けメニューを利用して、離乳食作りがママの負担にならないようにしましょうね。サツマイモを入れた具だくさん豚汁なども野菜がたっぷり摂れるので、赤ちゃんだけでなく上の子やママ、パパも美味しく食べられますよ。

こちらでは、サツマイモとツナのミルク煮のレシピをご紹介します。ツナ缶は、長期保存がきくので離乳食でタンパク質が足りないなという時に活躍ですね。

サツマイモとツナのミルク煮のレシピ

サツマイモとツナのミルク煮

材料:サツマイモ、ツナ缶(水煮)、牛乳、野菜スープ、水溶き片栗粉

  1. サツマイモの皮をむき食べやすい大きさに切り、アク抜きして柔らかく茹でる
  2. ツナ缶を水切りする
  3. お鍋に野菜スープを入れ、サツマイモ・ツナ缶を加え煮る
  4. 牛乳を加えて弱火でしばらく煮る
  5. 最後に、水溶き片栗粉でとろみをつける

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ