家計管理を長続きさせる方法に関する記事

家計管理の方法まとめ

家計管理の方法まとめ

家計管理が面倒だった主婦にお勧めの簡単で長続きするコツを紹介。アプリやエクセルなど自分に合った管理方法が見つかります。

マーミーTOP  >  マーミーまとめ  >  家計管理の方法まとめ

飽き性の主婦でもできる家計管理のコツ

家計管理のソフトが入っているスマホとパソコン

家計簿は家計管理の基本ですが設定が多く毎日付ける必要があるため続けるのが面倒になります。しかし支出のムダを無くし貯金を増やそうと考えた場合、家計の支出を明確にする家計簿は必ず必要になります。飽き性で忙しい主婦の方が継続することが出来る方法についての記事を紹介します。

まず家計簿を継続するためには自分にあった付け方を見つける必要があります。昔は手書きのみだったものが、パソコンが普及しエクセルを利用した家計簿付け、スマホが普及したことによるアプリによる家計簿付けなど生活スタイルに合わせた家計簿を付けることができます。

いずれの方法もメリットやデメリットがあるため実際に使ってみて合うか会わないかの判断をしましょう。また家計管理をしている主婦の方の体験談や共働き家庭の家計管理の仕方、みんなの貯金事情など各家庭の家計管理についての特集です。

家計簿は家計管理の基本!無理なく続く方法

家計簿は家計管理に役立つ必須アイテムです。手書き、エクセル、アプリなど家計簿を長続きさせるためには自分に合った家計簿を選択する必要があります。目標金額を設定し項目を簡潔にすることで家計簿での家計管理が長続きします。

家計簿を付けるためには始めの項目設定が大切です。なぜなら後から追加すると余計な手間になり家計簿を付けること自体が面倒になるからです。しかし細かすぎる項目は途中で辛くなる可能性もあります。お金の流れを明確にする家計簿の項目設定のコツです。

節約して貯金額を増やすために活躍するのが家計簿です。家計簿をつけても何を節約するのが良いかわからない方のために、家計簿で見直すべきポイントや自分に合った家計簿の種類を紹介します。家計簿を付けようとして何度か挫折した方も是非挑戦してみましょう。

家計を見直したいけど何からするのか分からない方に、家計見直しのポイントを解説します。固定費や変動費、近年支出の占める割合が多くなっている通信費など見直すべき項目から節約できるものを確認しましょう。貯金が苦手な主婦の方もポイントを押さえることで大きな節約が可能です。

家計管理はアプリで簡単!時短家計簿のススメ

家計簿を付けるなど家計管理は難しいし面倒だと思っている主婦の方にお勧めしたのがスマホを利用した家計管理のアプリです。様々な種類があるので自分にあったアプリを探すのが家計管理を長続きする秘訣です。アプリで家計管理することで家でも外でも空いた時間を有効活用できます。

人気のおすすめアプリの紹介とアプリで家計管理するメリットです。今は家計簿よりアプリで家計管理する方が増えています。アプリの種類も豊富でどのアプリを選ぶのが良いか迷う方も多いでしょう。実際に使用した方の体験談と共に解説します。

家計管理をするスマホのアプリでもレシートを直接読み込ませるアプリもあります。数字を入力する手間も省けるので面倒に思える作業がとても楽しくなるかもしれません。とても簡単なので家計管理が長続きしなかった方にもお勧めできる管理方法です。

アプリで管理するのが苦手な主婦の方はノートで家計簿を付けることも良いでしょう。しかしどちらの管理方法も長所と短所があります。どの方法で家計管理をしようか迷っている方の参考になるアプリ管理とノート管理のメリットとデメリットです。

忙しい主婦でも継続できるスマホの家計簿アプリとお金を管理するときのポイントを解説します。便利だと評判の人気アプリも掲載しているので、アプリで家計管理をしたいと思っている方は参考にしてください。節約したお金は将来のために使えるので是非アプリを家計管理に活かしてください。

アプリの他にもう一つ簡単な家計管理の方法があります。それはパソコンのオフィスソフトの一つである「エクセル」を使った家計管理です。エクセルを使った管理方法の利点は自分の好きなように項目などを入れられるということです。オリジナルの使いやすい家計簿作りを目指しましょう。

主婦の方必見の配偶者控除!家計管理を見直すきっかけに

配偶者控除と配偶者特別控除が2017年1月から廃止される可能性があります。今まで103万円以内に給料を抑えていた主婦の方は今後の働き方を見直す必要に迫られるかもしれません。今以上に家計管理の認識を強く持つことが損をしない働き方に繋がります。

配偶者控除の廃止や社会保障の改正により主婦の働き方が変化するかもしれません。働き方によっては今以上に損をして家計を圧迫する可能性もあります。今後予想される自体を想定した損をしない働き方と、得をする働き方を解説します。配偶者控除が廃止になる前にしっかりした準備が収入アップのコツです。

配偶者控除が廃止された場合の実質の増税額はどの程度なのでしょうか。デメリットです。所得控除の基本と現行の配偶者控除のしくみを解説して廃止される背景など順を追って説明します。廃止後に家計を圧迫しないための主婦が得する働き方も考察します。

主婦の働き方を見直すきっかけになるだろう配偶者控除の廃止ですが、「103万円の壁」と「141万円」の壁と呼ばれる現行の制度のおさらいから制度の違いを確認しましょう。配偶者控除が廃止される理由や廃止後の新しい制度、マイナンバーの関連性についても触れます。

配偶者控除が廃止される予定ですがそれと共に「配偶者特別控除」も廃止予定です。配偶者特別控除とは「141万円の壁」と呼ばれる控除で、夫の収入が1,000万以下で妻の給料が103万円から141万円未満のときに夫の給料に適用される控除です。妻の年収により控除額が変わってくるので詳しく解説します。

主婦の家計管理をインタビュー!みんなの家計管理の方法

家計管理が面倒な主婦の方必見のアプリと手書きの家計簿のどちらが使いやすく長く続けられたかの体験談です。両方つかった主婦からの実際の使い心地が分かるので家計管理の付け方の参考になるのではないでしょうか。アプリ派、手書き派、エクセエ派の各意見です。

家計の管理は夫か妻かどちらが適しているのか、そしてどちらに任せたのか15組の夫婦の体験談を紹介します。夫の使い込みが発覚してから妻が家計管理をするようになった、数字に強い夫に家計管理を一任しているなど各夫婦により違いが見られます。

増税で食費が上がり以前にも増して貯金が出来ず苦労している主婦に参考にしてほしい実際にお金が溜められた方法を体験談で伺いました。貯金を増やすコツは目的を持ち楽しむ気持ちを忘れないことです。コンビニのお釣り貯金や定期預金に自動引落するなど自分なりのルールを作ることも長続きの秘訣です。

いざ始めて見ると楽しい家計簿ですがいつしか面倒になり、結局放置してしまいがちです。主婦に聞いた家計簿を付けている場合の長続きの秘訣や、家計簿を付けていない場合の家計管理の方法です。エクセルやアプリを使った方法など様々な主婦の工夫を御覧ください。

共働き夫婦の家計管理!管理するのは夫?それとも妻?

共働き夫婦の家計管理はどちらすると不満がないのでしょうか。生活費分担の方法や喧嘩にならない家計管理の方法などを解説します。夫の収入で生活して妻の給料は貯金する、収入に合わせて生活費を分担する、2人の給料をまとめて管理するなどメリットとデメリットを考えます。

家計管理は事前にしっかりとルールを決めなければなりません。特に共働きの夫婦となると家計管理が大きなトラブルの元になる可能性もあります。共働き夫婦の4つのやってはいけない家計管理の方法とその理由です。喧嘩しないために将来について夫婦でもう一度話し合ってみましょう。

共働き夫婦の家計管理は妻がしているのか夫がしているのか、それとも夫婦で一緒にしているのか管理方法や管理されている側からの意見と一緒に見ていきましょう。やはり揉めないようにするには話し合いをすることが大切なようです。夫婦の数だけ家計管理の方法があるのがわかる体験談です。

家計管理の目的はお金を増やすため!気になる貯金事情

30代は稼ぎどきの世代ですが、結婚や子育てや住宅ローンなどで出費が増える「貯まらない世代」でもあります。そんな30代の気になる平均貯金額はいくらでしょうか。友達や家族にも聞き難い貯金事情と貯金を増やすためにすべきことを解説します。

思うようにお金が貯まらない方は財布にお金を入れ過ぎない、コンビニの利用は最小限にする、ネットスーパーを活用するなど5つの生活改善をお試しください。お金を貯める具体的な貯金の方法も併せて紹介するので今までの生活を改めて将来のために貯蓄をしましょう。

DINKSとはあえて子供を作らず、独身時代のように個人を尊重した自由な生活をする夫婦のことを指します。生活水準が高いものの、貯金をあまりしていない傾向があるのもDINKS の特徴です。近年増加傾向にあるDINKS 夫婦の貯金事情を紹介します。

独身時代とは違い家庭を持つと、子供の教育費や住宅ローンなど支出が増える一方です。世の中の子供を持つ家庭の毎月の貯金額はどれ位なのでしょうか。額にバラツキはあるものの毎月しっかりと貯金に回すお金を確保しているようです。アラサー、アラフィフ世代に伺った毎月の貯金額です。

お金を貯めるにはどうすれば良いか、それは「お金を使わない」ことです。主婦が考えたお金を使わないアイディア体験談です。電気代やガス代などの光熱費は少ない額ながらも長い目でみると節約しがいのある項目です。お風呂の入り方や調理方法も工夫しだいで大きく節約できます。

家計管理で行き詰ったらプロにお願いするのも良いのではないでしょうか。お金のプロであるファイナンシャルプランナーに依頼するメリットとデメリットを考えてみました。自分たちでは分からない家計のムダを全て洗い出してくれるのでどうしても貯金ができない方におすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク