子育て中の専業主婦のパートに関する記事

これからパートを始める専業主婦が働く前にチェックすべき4つの事

これからパートを始める専業主婦が働く前にチェックすべき4つの事

専業主婦の方で、パートを始めようと考えているママさんへ「せっかく沢山働いたのに税金が…」なんて損をしないための収入のリミットや、続けるための職場の選び方、家にいながらお金を稼ぐ方法など、働く前にチェックしないと損をする4つのポイントを解説。

マーミーTOP  >  子育て  >  これからパートを始める専業主婦が働く前にチェックすべき4つの事

専業主婦にお勧めのパートとは?

インカムをつける笑顔の女性

専業主婦が稼ぎたいと思ったときに、お勧めのパートにはどんなものがあるのでしょうか。家事とパートを両立するためには、しっかりとパートを選ぶ必要があります。また、働き損にならないためのポイントもまとめてみました。

1職場から家の距離を優先して仕事を探す。

笑顔で車から顏を出す女性

パートを探そうと思ったとき、まず職場と家の距離をチェックしましょう。
子育て中の専業主婦の場合、通勤距離は大きな課題です。通勤に1時間掛かってしまう職場では忙しい主婦にとって合理的ではありません。歩いて行けたり、自転車で数分などの距離、車がある場合でも、 子供の理由で突然休むことになった場合や急な事情なども考え、出来るだけ距離を優先して選別しましょう。

2あまり高額なパートはしない方がお得?

電卓と給料明細

年間の収入は103万以下のパートにしましょう。
103万円以下の場合夫の税金が増える事もなく、100%年収アップが見込めます。
年間103万円以上稼いでしまった場合は税金がアップするなど、働いていて収入を得ても損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。103万、130万とボーダーラインがありますが、103万以下にはそのまま手元にお金が入るのでお得です。

3希望の条件を明確にする事

自分の生活にあった条件を必ず伝えましょう。
面接の時などに、プレッシャーで自分の働きたい条件を言えない事も多く、後に条件がマッチしなくて、辞めてしまう場合があります。

仕事に復帰し始めのママは仕事に家事に大忙しですが、あまり無理しすぎると、長く続けられません。長く続けていくためにも、自分が可能な条件を明確にすることも必要でしょう。 そのためにも自分の希望を受け入れてもらいマッチングすることが重要です。
とくに休みや働く時間などは明確に伝え契約するようにしましょう。

4パート以外でも子育て中の専業主婦にぴったりの仕事の形態2

忙しい専業主婦にとって好きな時間、空いた時間に働ける形態を選ぶのも手です。
その候補を紹介します。

IT関連の仕事

キーボードをうつ手

現在はインターネット状で仕事するクラウドソーシングと言う形態が流行っています。
インターネット状で仕事を貰いネット上で簡潔するので、自宅に居ながら、仕事ができるのが利点です。

主にパソコンが得意!という主婦にはもっとも理にかなった仕事の形態と言えるでしょう。
主にデータ入力や文章作成などが主流の様です。

オークションやネットショップで自分の商品を売る

段ボールに入った様々なカラーのTシャツ

空いた時間で出来る仕事としてハンドメイド品を作ってネットショップやオークションで販売する事です。
時間に縛られる事なくこちらのペースで出来るのが魅力です。

しかも子育て終了後も続けられる事も利点で、今後自分で独立して働く気がある場合はもってこいです。

収入面以外でも働く事でメリットがある

パソコンと携帯を操作する笑顔でこっちを見る女性

働く事で人と人とのつながりが必ずできます。
数時間とはいえ共に働くという事で様々な出会いが生まれるでしょう。
子育て中の専業主婦が働く事は大変かもしれませんが、 収入面だけではなく、働く事で自分の新たな目標を見つけるきっかけにもなるかもしれません。
仕事をしようか?どうか迷っている方は勇気をもって一歩を踏み出す事をおすすめ致します。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪