モラハラ夫7つの特徴に関する記事

【モラハラ夫の特徴まとめ】旦那のモラルハラスメント度をチェック

【モラハラ夫の特徴まとめ】旦那のモラルハラスメント度をチェック

モラハラ被害者は自覚が無いケースがほとんど。「私が悪いから…」と思うあなた!結婚後、夫の態度にこんな特徴はありませんか?

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  【モラハラ夫の特徴まとめ】旦那のモラルハラスメント度をチェック

結婚後に豹変した旦那は要注意!モラハラ夫7つの特徴

最近ワイドショーの芸能人おしどり夫婦の離婚騒動などで「モラハラ」という言葉をよく耳にしますね!「モラハラ」とは、「モラルハラスメント」の略語で、精神的な暴力や嫌がらせのことを指します。このモラハラの怖いところは、被害者に自覚がないまま、どんどん精神的に追い詰められてしまうところだと言われています。

「うちの旦那は優しい…怒るのは私が悪いから…」と思っているあなた!あなたの心の中にある夫へのストレスの原因は、夫のモラハラであることも大いに考えられるのです。
モラハラ夫の特徴を詳しくまとめましたので、ご主人に当てはまる特徴が無いか、ぜひチェックしてみてくださいね。

自分の非を認めない

俺は正しいと怒る男性

これはモラハラ夫の代表的な特徴です。何もかも正しいのは自分、自分は決して間違っていないという頑固な思い込みがあります。そのため話し合いや反省ができず、グチが多いという特徴もあわせ持っています。

こんなセリフを言うようなら、モラハラ夫の可能性大!

  • 「無能な部長のせいで、オレの仕事が上手くいかないんだ!」
  • 「この間も雨で遅刻ギリギリだったのに、なんでまた雨降るんだよ!」
  • 「うるさい!タバコの吸い殻ぐらいどこに置いてもいいだろ、火事になったわけでもないのに騒ぐな!」

家庭内のトラブルは全て妻のせい

おまえのせいだと腕組みする男性

自分の非を認めないモラハラ夫は、家庭内のトラブルも全て他人、つまり妻のせいにします。原因を妻に押し付ける才能は天下一品!
日ごろから被害者意識が強く、自分が妻に対するモラハラの加害者であるにもかかわらず、妻のせいで自分が嫌な思いをしていると本気で思っています。

また自己愛がとても強く、自分にはめっぽう甘いくせに、他人にはひどく厳しいという特徴を持っています。そのため妻には完璧を求め、自分は今のままで完璧だ!とでも言わんばかりに妻を責めます。家族は全てを真に受けないように注意することが必要です。

こんなセリフを言われたら、モラハラ夫の可能性大!

  • 「経済的に苦しいのは、全部お前のやりくりのせいだ!」
  • 「こいつの聞き分けが悪いのは、全部母親であるお前のしつけが原因だ!」
  • 「お袋や親父に怒られたのは、お前なんかと結婚したせいだ!」

人前と家の中で態度が違う

怒る男性と笑顔の男性

モラハラ夫のやっかいなところは、他人の目をとても気にするため、人前では「良い夫」を演じている場合が多いというところ。稀に人前でも変わらないジャイアンのようなタイプもいますが、ほとんどが豹変型です。モラハラを相談しても信じてもらえない、と悩む女性の原因はココにあります

家庭内と違い、他人にこう思われている夫は要注意!

  • 優しくて家族や家庭を大切にする
  • しっかりしていて頼りになる
  • 仕事のできる男性

相手の同情心をくすぐる

お前だけだよと妻に甘える夫

モラハラ夫の卑怯な特徴として、普段信じられないほどの罵詈雑言を妻に浴びせているのに、たまに可哀想な人を演じるという習性があります。妻の同情を誘い、内心「チョロいなコイツ」と妻を馬鹿にしているにもかかわらず、自分から離婚を切り出させないための常套手段なのです。

こんなセリフを言う夫は要注意!

  • 「俺なんてどうせ頑張ったってダメだ」
  • 「お前がいないと、俺ダメだ」
  • 「俺は誰からも愛されていない」

夫のモラハラに悩む女性には「母性本能」が強いタイプが多いです!強い同情心が、さらにモラハラを泥沼化させているという一面もあります

義親がモラルハラスメントをする

モラハラ夫は一人でそのような人格に育つわけではありません。大抵は父親か母親のどちらかが、パートナーに対してモラルハラスメントをしてきた姿を見て育っています。
更にそんなモラハラ親に対して、敬意すら抱いている場合があります。

モラハラ夫の親に特に多いのが、父親が母親を奴隷のようにこき使い、母親が「はい」と従って離婚せず我慢し続けているタイプ!
「夫は家庭内でリーダーシップをとって、家族をコントロールするものだ」と小さい頃から思っているので、その態度が変わる見込みは少なく、モラハラが2代3代と続くケースもあります。

たまに優しい!プレゼントでごまかす

モラハラ夫には「私が悪いからあんなことを言われるの…」と、女性に思わせる行為をするという特徴があります。
そのため、妻は自分がモラハラ被害者であるという意識が薄く、離婚するという選択肢を考えられないケースが少なくありません。そして長年見えない鎖に繋がれ、心の苦痛を味わいます。

こんな変化のある夫は要注意!

  • 酷い言葉で傷つけた翌日、プレゼントを買ってきて謝るが、また暴言を吐く
  • ずっと無視していたのに、急に結婚前のように優しくする

相手の非を言葉でズバッと責める

頬を膨らませて睨む男性

モラハラ夫にデリカシーという言葉は皆無です。普通の家庭ではお互いに補い合い、励まし合い、支え合って生きていますので、相手が失敗しても「ごめんね」「ドンマイ」の精神で生活していますし、どうしても相手に言うべきことは、言葉をオブラートに包んで相手の気持ちを配慮して会話をします。

ところが、モラハラ夫にはそれが全く見られません。ミスする妻の欠点をストレートに攻撃し、自尊心を傷つけます。
そのため責められた女性の心は、言葉のナイフでボロボロ、自己肯定感が薄れ、常識があるとてもまともないい人であるにもかかわらず、「私が悪いから」「私が無能だから」と自分を責めるようになります。

モラハラされる妻の特徴

  • 思いやりがある
  • 他人の喜びを自分の喜びとする
  • 相手を責めず、自己反省できる
  • 真面目で責任感が強い

「モラハラ夫の特徴にピッタリ」と思ったら相談しましょう

上に挙げた特徴に多く心当たりがあるようなら、もしかしたら旦那はモラハラ夫である可能性が高いです。

周囲にはなかなか理解されにくいモラハラ夫への悩み。しかし、1人で抱え込んだままではどんどんあなたの精神が弱ってしまいます。
子供や実家の家族、友人など、あなたを大切に思ってくれている人たちのためにも、まずは解決への糸口に、信頼できる人へ相談してみましょう。

最近では、自治体によるモラハラ相談窓口が設けられているところもありますので、お住いの自治体HPもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。