離乳食のおやき段階別レシピに関する記事

離乳食のおやきで発達を応援!メリットや与え方~レシピ

離乳食のおやきで発達を応援!メリットや与え方~レシピ

離乳食で大活躍するおやき。赤ちゃんの発達を促すうれしい効果がありますので、ぜひとり入れて下さいね。いつから食べられるか、おやきにするメリット、作る時や与える時の注意点、冷凍、主食かおかずか、離乳食段階別のおすすめレシピをご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食のおやきで発達を応援!メリットや与え方~レシピ

【離乳食のおやき】好き嫌い対策や手づかみに!簡単段階別レシピ

離乳食の育児本やネットでは、よく「おやき」という言葉を目にしますよね。けれど、意外とおやきが何だか知らないママは多いんです。おやきは離乳食を乗り切る上でとても便利な料理。好き嫌いや手づかみ食べ等、乳幼児の発達に必要な栄養素をとりやすくし、離乳支援をおこなえる料理なんです。

こちらでは、離乳食によく作られている「おやき」とはどんな料理か、いつから与えられるか、おやきを与えるメリット、離乳食として作る時の注意点、主食かおかずか、離乳食段階別の簡単おやきレシピをご紹介します!おやきを離乳食にとりいれて、赤ちゃんの発達をサポートしてあげましょうね。

おやきって何?離乳食では?

ナスのおやき

おやきとは、味付けした野菜などで作ったアンを皮で包んで焼いた信州長野の郷土料理。小麦粉やそば粉で皮を作り、そこに野沢菜・カボチャ・ナス味噌などのアンを入れて焼いたお饅頭の様なものです。現在では、小麦粉やそば粉の皮の代わりに米を使ったおやき、皮の中に焼きそばが入っているおやきなど、バリエーションも豊富ですよ。

ただし、離乳食本やネット検索した離乳食では、お好み焼き風、焼きおにぎり風など、小麦粉や米などの糖質と混ぜて焼いたものが、「おやき」として紹介されていることが多いです。赤ちゃんには、その方が食べやすいですよね。

離乳食でおやきを与えるのはいつから?

おやきを食べて笑う女の子

離乳が早い子は中期後半からですが、一般的には9ヶ月を過ぎた離乳食後期頃から手づかみ食べをしたがりますので、赤ちゃんが自分から手を伸ばして離乳食を食べようとし始めてから、おやきもスタートするとよいでしょう。

手づかみ食べ全盛期は、赤ちゃんの好き嫌いや遊び食べが激しくなってくる時期ですので、困っているママには大助かりの料理ですよ。
ただし、小麦粉や卵などアレルギーの出やすい食材を使う場合には、その食材に食べ慣れてからにしましょうね。

おやきを与え始めた時期は、固まりのまま飲み込んでしまわないように、ママがそばで注意して見ていましょう!

離乳食をおやきにするメリット

離乳食をおやきにするメリット(イラスト)

離乳食におやきをとりいれることは、赤ちゃんだけでなくママにもメリット大!こちらでは、6つのメリットをご紹介しますが、他にも冷凍させておけば急なお出かけのお弁当になったり、パパと赤ちゃんのお留守番に活躍したりと、メリットがタップリですよ♪

手づかみ食べできる

一番のメリットは、赤ちゃんの手づかみ食べに役立つという点です。「手づかみ食べって手が汚れるし、スプーンで食べられるようになった方がいいんじゃない?」と思うママもいると思いますが、赤ちゃんの脳の発達に、手づかみ食べは大変役立つのですよ。

赤ちゃんは食べ物を見て、匂いを嗅ぎ、食べ物をつまみ、口に運び、味わって、潰したり噛んだりした音を聞いて…と、手づかみ食べにより五感を使うとこで脳を発達させていきます。

手づかみ食べを始めたばかりの頃は、思い通りに手を使って食べられないことで泣きだす赤ちゃんもいます。けれど、そうして手づかみ食べを繰り返すうちに、「できた!」という達成感を味わうこともでき、心も脳も体も次第に成長していくのです。

おやきは、そんな赤ちゃんにとって手に持ちやすくて食べやすい料理。離乳食にとり入れることで、赤ちゃんの発達をサポートしてあげたいですね。

よく食べる

離乳が進み後期以降になると、赤ちゃんに自分で食べたいという欲求が出てくるようになります。「ママが持っているスプーンを自分で持って食べたい」と、泣き出したりしませんか?それは「自分で食べたい」という気持ちの表れですよ。

けれど、スプーンを与えたからといって初めから上手には食べられないですよね。ですから、指でつかんで食べられるようにおやきにしてあげると、赤ちゃんの食への意欲がより発達し、積極的に食べるようになりますよ。

クママ
32歳

おやきにして食欲アップ

1歳を過ぎても好き嫌いが多く食が細かったこともあり、かかりつけの医師に低体重を指摘されていました。第三子で上二人が特に問題なく成長していたのに対して、ショックでした。それからは体重増量作戦とばかりに、ご飯やおかずを少しずつ、量を増やしながら食べさせるようにしていました。

しかし、普通の食事ができる上の子と違って、離乳食を別で作るのは2倍の手間がかかるので大変!そこで、冷凍保存できて野菜やいろんな具を入れ込んで焼くおやきを、たくさんの種類作っておき、ご飯と一緒に出していました。

すると、食が細かった子がパクパク食べるように。おやつのときもお菓子ではなく、食べやすいようにおにぎりを焼いたものや、おやきを出していました。おかげで体重も増えたので一安心です。

嫌いな食材も食べやすい

おやきにすると、嫌いな食材でも食べてくれる赤ちゃんが多いです。離乳食期にさまざまな味に慣らしておかないと、大きくなってから好き嫌いの差がはっきり出てくるようになりますので、赤ちゃんの好き嫌いやムラ食い対策に、おやきを活用しましょう。

汚れにくい

離乳食をおやきにすれば、スプーンのようにすくったものを口に運ぶ前にこぼれるということが少なくなります。赤ちゃんも自分の手から口までの距離を確認しやすく、スプーンよりもストレスなく食べられます。
また、こぼれ落ちてしまった時も、かたまりのためサッと拾えて後片付けが楽ちん!ですから、外出時のお弁当にもおすすめ。ママのストレスも軽減しますよ。

ペンママ
29歳

グチャグチャがストレスに…

スプーンが握れるようになった後期以降、私がスプーンですくってあげても子供が自分で食べると主張することが増え、離乳食あとのテーブルや床がぐちゃぐちゃで、片づけがストレスになっていました。

そこで、育児本で見たおやきを1日1回、色々な野菜とひき肉やツナ缶を混ぜて作っていました。すると、子供もパクパク自分で食べてくれて、しかもあまり散らからず一石二鳥でした。

調理や保存が簡単

離乳食のおやきは、何といっても切って混ぜて焼くだけという簡単調理法!余った食材でも簡単にできるのがいいですね。また、たくさん作っておいて冷凍保存することもできます。いつでも好きな時に解凍して食べさせることができるので、足りない時のプラス1品にもなりますし、お留守番のパパの離乳食準備にも役立ちますよ。

おやつにもなる

おやきは簡単に作れるので、おやつとして与えてもOK。入れる具材を野菜たっぷりにしたり、ひじきや納豆など後期以降に不足しがちな栄養素が豊富な食材にしたりすると、栄養バランスのいいおやつに早変わりしますよ。

また、冷凍保存しておいたおやきをレンジで解凍するだけで、手間がかからないおやつが完成!おやきを活用して上手に赤ちゃんに栄養を補ってくださいね。

離乳食でおやきを作る時の注意点

いいことづくめに思えるおやきですが、大人の一般的なおやきやお好み焼き感覚で作るのとは違い、離乳食でおやきを調理する際には注意が必要な点もあります。野菜の切り方や味付け加減など、離乳食の基本の調理方法や手順をきちんと踏まえましょうね。

油の使い過ぎ

食用油

油分も適度な量であれば赤ちゃんの健康に必要な栄養素。油の種類によっては、便をスムーズに排出し便秘改善に役立ったり、アレルギー改善に役立ったりと、毛嫌いするようなものではありません。油分は母乳や粉ミルクにも含まれていますので、消化器官の未発達な中期までの赤ちゃんにとらせる必要はありませんが、後期以降は1食に少量ずつ使えるようになります。

ただし、油の種類や取り過ぎには注意が必要ですよ。赤ちゃんの体重の急激な増加にもつながりますので、離乳期は利用する際は以下のような商品を使うと便利です。

オイルスプレー

オイルスプレー(KS523-OSP)

iwaki

フライパンに薄くオイルを引くことができるすぐれもの!油分を控えたい離乳食やヘルシー料理の調理に大活躍ですよ。また少量ずつしか出ないので、節約にもなりますね。

油つまりの場合も取扱説明書に従ってきれいに洗浄できます。霧状で出ていた油が線状にでるようになったら洗浄のタイミングですよ。
オイルスプレーはオイルが霧状に噴射されるため、噴霧するときは必ず火をつける前か、火を止めてからにしましょうね。

https://www.igc.co.jp

大きさや厚み、与え方

手づかみ食べをする赤ちゃん

赤ちゃんの中には、口の中に食べ物を詰め込めるだけ詰め込む子もたくさんいます。そのため、食事中オエッとなることがありますし、ママが目を離していたことで窒息してしまう恐れもあります。ですから赤ちゃんによっては、離乳食でおやきを与える時に、大きさ、厚さ、与え方に十分注意することが必要です。

一人で手づかみ食べができるようになったから目を離すのではなく、手づかみ食べするようになったからこそ、食べるときはそばに付いて十分気をつけてあげましょうね。

赤ちゃんの食べやすい大きさや厚みとは?

  • 与え始めは一口サイズにカット
  • 最初は薄くして焼いてあげる
  • 詰め込む子には、何回かに分けて与える

離乳食のおやきの冷凍

ジップロック

冷凍するときは、焼いたものを一つずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。ただし、離乳食期は冷凍庫も様々な冷凍離乳食でいっぱいになり、いつ作ったものか分からなくなってしまうことが多いため、袋には調理した日付を記入しておきましょうね。

毎日同じものだと飽きてしまうので数種類のおやきを作って冷凍保存し、日によって食べるものをかえると栄養バランスがとりやすいですよ。レンジで解凍する場合は、おやきを少し水で濡らして耐熱皿にのせ、ラップでフワっとくるむというひと手間を加えると、もちもちの食感になりおいしくなります。

離乳食のおやきは主食?おかず?

みかん

「おやきって主食?おかず?」「おやきだけ?」と、他のママがどうしているか気になるママは意外と多いですよね。けれど、どうか気楽に構えてくださいね。使う食材から栄養バランスをみて判断すればいいのです。

例えば、おやきに野菜や肉などのタンパク質をたくさん入れたのであれば、主食プラス主菜副菜とみなせばいいですし、ごはんやジャガイモやサツマイモ等の炭水化物メインの場合は主食と考え、主菜になる肉魚などのタンパク質、副菜になる野菜のおかずをプラスすればいいのです。

ママ会のお弁当に、肉や野菜がたっぷりのおやきと熱に弱いビタミンCが手軽にとれる冬みかんなどの果物を持ってくるママも多いですよ。

【離乳食のおやき】段階別おすすめレシピ

おやきは入れる材料によっておいしく仕上がるので、家庭の味を探してみるのも楽しいですよ。基本の作り方をマスターさえすれば色々はおやきが作れるので、ぜひ試してみてくださいね。こちらでは、自宅にある材料で簡単においしくできる、離乳食中期後半、後期、完了期のおやきレシピをご紹介します!

【離乳食中期後半】おやきレシピ

じゃがいもとしらすのおやき

生後8ヶ月を過ぎた離乳食中期からおやきを与える場合は、クセがないじゃがいもやさつまいも、かぼちゃをマッシュして焼いたおやきからはじめると、赤ちゃんも食べやすいので喜びますよ。最初は手づかみ食べに慣れる時期でので、食べなくてもあせらずじっくり向き合いましょうね。

こちらでは、じゃがいもとシラスのおやきのレシピをご紹介します。後期に不足しがちなカルシウムをしらすチーズで補えるおやきですよ。じゃがいもとの相性抜群の粉チーズを少し入れると風味が増して食欲をそそりますし、やわらかく茹で刻んだひじきなどを入れても鉄分が補えるおいしいおやきに仕上がります。つなぎに片栗粉や小麦粉をいれると、まとまりやすくなりますよ。ただし、硬さには十分注意しましょうね。

じゃがいもとしらすのおやきのレシピ

材料:じゃがいも1個、しらす10g、粉チーズ小さじ1、片栗粉小さじ1

  1. じゃがいもの皮をむき、やわらかく茹でて潰す
  2. しらすを湯通しする
  3. ボウルで1、2、粉チーズ、片栗粉を混ぜ、食べやすい大きさにまとめる
  4. テフロン加工のフライパンで両面に焼き色がつくまで焼く
スイートポテト風おやき

つぎは、おやつ感覚で美味しく食べられるスイートポテト風おやきのレシピをご紹介します。さつまいもは準完全栄養食と呼ばれ、NASAも注目する栄養豊富な食材。さつまいもは甘みが強いので、赤ちゃんもパクパク食べてくれますよ。

また、手づかみ食べに慣れてきたら、にんじん玉ねぎなどの野菜を細かく刻んで柔らかく茹でたものを、混ぜ込んで作ってみましょう。

スイートポテト風おやきのレシピ

材料:さつまいも60g、ミルク(調乳済み)10cc、片栗粉小さじ1

  1. さつまいもを濡らしたキッチンペーパーとラップで巻き、600wの電子レンジで5分ほど加熱
  2. サツマイモが熱いうちに皮を剥いてフォークでつぶす
  3. 2にミルクと片栗粉を加えてなじむまで混ぜる
  4. 食べやすい大きさに形を整える
  5. テフロン加工のフライパンに両面焼き色がつくまで弱火で焼く

※焦げやすいので焼く時は注意してください ※さつまいもの加熱時間は、ご家庭の電子レンジにより調節してください

【離乳食後期】おやきレシピ

かぼちゃとツナの簡単おやき

離乳食後期になると、満1歳に近づくにつれて次第に手づかみ食べにも慣れてくるので、食べられるようになった食材をいろいろ試しておやきを作ってみましょう!おやきに入れる野菜を先に加熱したり、ツナ缶やしらすなどを湯通ししたりするひと手間は、忘れずに加えましょうね。

こちらでは、かぼちゃツナ缶を使ったかぼちゃとツナの簡単おやきのレシピをご紹介します。ツナのパサパサ感が嫌いな赤ちゃんでも、気にならずに食べられるようになるおやきですよ。柔らかいかぼちゃのモチモチ食感はおいしいのですが、うまく噛み切れないときは食べやすい大きさに切ってあげましょうね。

かぼちゃとツナの簡単おやきのレシピ

材料:かぼちゃ60g、ツナ10g、粉チーズ小さじ1、片栗粉大さじ2

  1. かぼちゃを600wの電子レンジで3分ほど加熱する
  2. カボチャの実の部分をスプーンで取り出し、ボウルに入れる
  3. ツナを湯通しする
  4. ボウルに3、粉チーズ、片栗粉を加えて混ぜあわせる
  5. テフロン加工のフライパンに両面焼き色がつくまで焼く

※かぼちゃの加熱時間は、ご家庭の電子レンジにより調節してください

【離乳食完了期】おやきレシピ

野菜と豆腐のおやき

完了期になると野菜を使ったおやきだけでなく、ご飯にいろんな具を混ぜた焼きおにぎり風のおやきも食べられるようになりますよ。大人と同じものが食べられるようになるので、薄味にしたお好み焼き風おやきなどを作って与えるのも○。余ったおやきを冷凍して翌日のおやつにするなど、冷凍おやきを使って栄養バランスをとりましょう。

こちらでは、食感をあえて残す野菜と豆腐を使ったおやきと、ご飯と納豆を使った焼きおにぎり風おやきをご紹介します。まずは、野菜と豆腐のおやきのレシピから。ごはんに肉や魚などのタンパク質をプラスして焼くことで、美味しいおやきが出来上がりますよ。

野菜と豆腐のおやきのレシピ

材料:豆腐1/4丁、にんじん1/4本、ピーマン1/2個、玉ねぎ1/4個、しらす10g、小麦粉大さじ2

  1. 豆腐をしっかり水切りする
  2. にんじん、ピーマン、玉ねぎを細かく切る
  3. シラスを湯通しする
  4. ボウルに1、2、3と小麦粉を加え、少し粘り気が出るまで水を加えて硬さを調整し、おやきのタネを作る
  5. 熱したテフロン加工のフライパンにスプーンですくってタネを落とし、蓋をして蒸し焼きにする
  6. ひっくり返してもう片面に焼き色がつくまで焼く
納豆とひじきの焼きおにぎり風おやき

最後は、納豆とひじきの焼きおにぎり風おやきのレシピをご紹介します。ねばねばしている納豆、離乳食で赤ちゃんに与えるとなると栄養価が高いとは分かっていても、なかなか食べさせにくいですよね。でも、ご飯と一緒におやきにすることで、持ちやくすて食べやすいうえに汚れにくいというメリットもあり。納豆の匂いが苦手な納豆嫌いの赤ちゃんでも、焼いてにおいが少なくなると食べやすくなりますよ。

納豆とひじきの焼きおにぎり風おやきのレシピ

材料:ご飯お茶碗1杯分、納豆1/3パック、水戻した芽ひじき小さじ2、青ネギ適量、片栗粉大さじ2

  1. 青ネギを小口切りにする
  2. 納豆を粗くカットする
  3. ご飯に1と2、ひじき納豆、芽ひじき、片栗粉を混ぜる
  4. 熱したフライパンに薄く油をひき、両面に焼き色がつくまで焼く

※まとめにくい時は手を水でぬらすとまとめやすいです。また、ご飯はくっつきやすいので、油を薄く引くとくっつきにくくなりますよ

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ