離乳食の冷凍と解凍の方法に関する記事

離乳食の冷凍&解凍で時短しよう!便利な容器と冷凍食品

離乳食の冷凍&解凍で時短しよう!便利な容器と冷凍食品

離乳食を冷凍保存しておくと、毎日の食事の支度がラク!正しい離乳食の冷凍と解凍の方法や人気の冷凍容器をご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食の冷凍&解凍で時短しよう!便利な容器と冷凍食品

離乳食を冷凍/解凍する方法とポイント!便利な容器と冷凍食品

離乳食を開始した赤ちゃんをお持ちのママの皆さん、毎日の離乳食作りは楽しく出来ていますか?赤ちゃんの食べる量は、とても少ないですが、柔らかく茹でたり・つぶしたりと離乳食作りは意外と時間がかかりますよね。離乳食を作っている間に赤ちゃんが泣きだして困ったなんて経験をお持ちのママも多いのではないでしょうか。

離乳食は一度に沢山作って冷凍しておくと、毎回の食事の支度が時短でき、ずいぶん楽になります。今回は、離乳食を冷凍する方法とポイント、冷凍便利容器、解凍する方法別の注意点、使いやすい市販の冷凍食材もご紹介します。

離乳食の保存容器別の冷凍方法

実際に離乳食を保存する容器別の冷凍方法をご紹介します。一度、正しい冷凍方法をマスターしておくと、普段の家族の食事の準備にも活用できます。

製氷皿での冷凍方法

小分けされた冷凍食

少々ずつに分けることができる製氷皿は、初期の離乳食の冷凍保存にとても便利です。フタ付きの製氷皿もありますが、100均で販売されているフタなしの製氷皿でも十分です。フタなしの製氷皿で保存する場合は、ラップでしっかりと密閉し、冷凍保存袋に入れて保存してください。

初期の初めの頃は1匙分ずつ、その後は1ブロックにどれくらいの数量(お粥何グラム、スープ何cc)が入るのか計っておくと、より使いやすくなります。製氷皿が冷凍庫内でかさばるという場合は、完全に凍った中身を取り出して冷凍用ジッパー付き袋に入れ替えて保存すると省スペースになります。

<製氷皿での冷凍例>
・離乳食初期のお粥
・離乳食初期の茹でてすりつぶしたうどんやそうめん(乾麺は塩分が多いので茹でた後必ず水洗いしましょう)
・下茹でしてみじん切りまたはすりつぶした離乳食初期の野菜
・だし汁や野菜スープ

フタ付き保存容器での冷凍方法

保存容器

離乳食が進み1回に食べる量が増えてくる中期以降は、フタ付き保存容器が活躍してくれます。フタ付き保存容器なら、そのままレンジで解凍できるので、とても便利です。冷凍テクを上手に使って、様々な食材を使った離乳食中期の献立を食べさせてあげたいですね。お弁当箱にもなるタイプなら、解凍してそのまま持っていくこともできます。

<フタ付き保存容器での冷凍例>
・離乳食中期以降のお粥
・茹でたうどん・そうめん・スパゲッティ・マカロニ
・ブロッコリーや角切りかぼちゃ・サツマイモなど(数種類を混ぜて1回に食べる量ずつ入れておくと便利です。)
・肉団子・ハンバーグ・ミートソースなどの完成品

冷凍用ジッパー付き袋での冷凍方法

省スペースな冷凍用ジッパー付き保存袋は、冷凍保存の強い味方です。袋のサイズは色々ありますので、使いやすい大きさの袋を利用してください。

ジャガイモやサツマイモなどのペーストやホワイトソースなどは、冷凍用ジッパー付き袋に入れたら平らに伸ばし、1回に使う分ずつ箸で筋を付けておくと、解凍する時に便利です。

<冷凍用ジッパー付き袋での冷凍例>
・ペースト状にした野菜(ジャガイモ・かぼちゃ・サツマイモなど)
・下茹でしてみじん切りにした野菜
・ミンチにした肉・フレーク状にした魚
・ホワイトソースやミートシース
・小分けにしたブロッコリーや角切りかぼちゃ

ラップでの冷凍方法

どのご家庭にもあるラップも、離乳食を冷凍する時によく使います。こまめな量の調節も可能ですので、食材を無駄なく使うことができます。食材をラップで包んだら平らにして、冷凍用ジッパー付き袋にいれて冷凍しましょう。

<ラップを使った冷凍例>
・離乳食後期以降のお粥
・下茹でした野菜
・1食分ずつ切った食パン
・茹でたうどん・そうめん・スパゲッティ・マカロニ

冷凍保存時の注意点

保存容器や保存袋を使用する際は、八分目程度までにしましょう。容量いっぱいまで入れると容器や袋の破損の原因になりますし、レンジでの解凍時に吹きこぼれる恐れがあります。

離乳食の冷凍8つのポイント

離乳食を冷凍すると時短できますが、冷凍する時にひと手間かけることにより、雑菌の繁殖や食材の旨味が損なわれることを防ぐことが大切です。また、いざ解凍して調理する時にも、ちょっとしたポイントに気をつけて冷凍しておくことで、調理が時短でき使い忘れも防ぐことができます。離乳食を冷凍する時には、以下の8点に気を付けるようにしましょう。

新鮮な食材を使う

ジッパ袋からこぼれる冷凍野菜

離乳食に使う食材は、新鮮なものを選びましょう。買い物したら長く冷蔵庫で保存せず、出来るだけ早く調理して冷凍保存するようにします。特に葉物野菜は、鮮度の劣化が早いので気を付けましょうね。

調理する際は清潔に!

離乳食を作る際は、手をきちんと洗ってからにしましょう。まな板や包丁などの調理器具は、洗剤できれいに洗った後に熱湯消毒をすると雑菌の繁殖を防ぐごとができます。

1回分ずつ小分けにする

赤ちゃんの食べる量にあわせて1回分ずつ小分けにして冷凍しましょう。初期は製氷皿、中期はフタ付き保存容器、後期以降はラップや冷凍用ジッパー付き袋と、1回の量が増えるのにあわせて、保存容器も変えていきます。特に、初期の初めのうちは1匙ずつ冷凍すると計量が楽ですよ。保存容器は、清潔なものを使用してくださいね。

冷めてから冷凍庫にいれる

温かいものは、冷めてからフタをして冷凍庫に入れるようにしましょう。温かいとフタの内側に水蒸気がついてしまい、雑菌が繁殖します。

きちんと密閉する

冷凍庫内で空気や霜に触れると、食材が乾燥して酸化しやすくなります。保存容器のフタや袋のジッパーは、きちんと閉めましょう。ラップを使う場合も、きちんと密閉し空気を抜いてから冷凍しましょう。

食材の名前と保存した日付を容器にメモしておく

冷凍庫に入れる前に、保存容器に食材名と日付をメモしたシールを貼り付けておきましょう。そうすることにより、冷凍庫内で使う食材を手早く見つけることができ、使い残しも防ぐことができます。また、何日に冷凍したか分かりますので、保存期間の管理もできます

出来るだけ早く凍らせる

食材を素早く凍らせることにより、味や食感の劣化を最小限に止めることができます。食材は、なるべく薄くしてムラなく均一に凍るようにしましょう。金属トレーの上に乗せて冷凍すると、早く凍らせることができます。

冷凍庫の奥の方に置いておく

家庭の冷凍庫は開閉する回数が多いため、温度を一定に保つことが非常に難しいものです。なるべく冷蔵庫の奥の方におくことで、温度変化を最小限にくい止められ、食材の品質低下を防ぐことができます。

離乳食の冷凍に便利なおすすめ容器4選

離乳食の保存容器は家庭にあるものを利用することもできますが、最近は離乳食用の便利な保存容器が、赤ちゃん本舗や西松屋などのベビー用品店やネットショップで販売されていますよ。保存容器がまだないママのために、おすすめ便利容器4選もご紹介します。

わけわけフリージングブロックトレー

わけわけフリージングブロックトレー

リッチェル

価格:330円 + 税

小分けでの離乳食の冷凍保存に便利なフタ付きのトレーです。1ブロックの容量は、50ml以外にも、15ml、25mlとラインナップが豊富です。フタがトレーと分かれているので、食材を注ぎやすくなっています。また、サイズが違っても重ねて保存することができます。

わけわけフリージングカップ

わけわけフリージングカップ

リッチェル

価格:750円 + 税

カラフルな可愛いシリコンカップのセットです。冷凍庫から使いたい分だけ取り出して電子レンジで解凍できます。そのままお弁当に入れることもできます。透明のフタ付きなので、中身を確認することができます。50mlサイズも販売されています。

離乳食小分け容器 60ml

離乳食小分け容器 60ml

プチアンジュ(Le petit Ange)

価格:199円(税込)

西松屋の通販や店頭で購入できます。電子レンジでの調理が可能なフタ付きの便利な保存容器です。容器にフタがくっついているので開閉が簡単でフタを無くす心配もありません。
60ml×10個のセットと30ml×10個のセットがあり、価格は同じです。

OXO Tot(オクソートット) ベビーブロックフリーザーコンテナ Sサイズ

OXO Tot(オクソートット) ベビーブロックフリーザーコンテナ Sサイズ

OXO Tot(オクソートット)

価格:1,300円+税

赤ちゃん本舗のネット通販で購入できます。離乳食を冷凍するだけでなく持ち運びにも便利もできるオシャレな保存容器です。強力密閉されるので、汁物も安心して持ち歩けます。トレー付きなので、冷凍庫の中でまとめて保存できます。

冷凍した離乳食の解凍方法と注意点

電子レンジ

せっかく冷凍した離乳食を無駄なく使うためにも、きちんとした解凍方法を知っておきたいですね。解凍方法別の注意点をまとめました。離乳食は、衛生面からみて常温での解凍は危険ですのでやめておきましょう。冷蔵庫で解凍する場合は、レンジや直火で必ず加熱してから食べさせてください。

レンジでチン!

  • 温めすぎない

加熱時間が長すぎると水分が蒸発してしまいます

  • 吹きこぼれに注意

大き目のお皿に入れたり、下にトレーやお皿を敷いたりしておきましょう

  • 温めムラをなくす

途中でかき混ぜながら加熱しましょう

お鍋で煮る

  • 量が少ないので焦げ付きに注意する
  • 小さ目のお鍋を使用すると調理しやすい(離乳食専用の鍋が一つあると便利です)
  • お味噌汁やスープ・お粥などに冷凍野菜を加える場合は、冷凍のまま調理途中のお鍋に入れて加熱します

離乳食の冷凍期間は何日?

離乳食は、大人が食べる食材の保存可能期間の1/3となっています。家庭の冷凍庫は、開閉回数が多いので温度を一定に保つことができません。離乳食を冷凍保存した際は、冷凍して何日か分かるように日付を記入し、出来るだけ早く使いきるようにしましょう。一度に多く作り過ぎると、期間内に食べきれなくなりますので、注意してください。

離乳食の冷凍保存期間(目安)

冷凍した離乳食は1週間~10日程度で使い切るようにしましょう。※保存期間をすぎたものは廃棄してください

離乳食に便利なおすすめの冷凍食品11種

冷凍された離乳食

離乳食の冷凍方法をご紹介してきましたが、何種類もの食材を下ごしらえして冷凍保存しておく時間がないというママも多いかと思います。そんな時に便利なのが市販の冷凍食品です。今後、幼稚園のお弁当作りが始まった際も、市販の冷凍食品が使いこなせると毎朝のお弁当作りが楽になるでしょう。

市販の冷凍食品は、高度な冷凍技術により急速冷凍しているので、食材の栄養価や風味が長期間にわたり保たれます。家庭で作る冷凍離乳食と異なり保存期間が長いですので、買い置きしておくといざという時に役立ちます。

おすすめの冷凍食品を11種類ご紹介します。スーパーや生協の宅配などで購入できますので、一度試してみてはいかがですか?

冷凍かぼちゃ(初期から)

一つずつバラバラに冷凍されているので使いたい個数だけ、レンジなどで解凍して使います。初期は、レンジで柔らかくしてからペースト状にして食べさせます。解凍後、皮は取り除きましょう。

冷凍ブロッコリー(初期から)

1房ずつに分けられているので、使いた個数だけ使えます。初期の場合は、冷凍のまますりおろしてお粥やスープに加えると良いでしょう。

冷凍ほうれん草(初期から)

カットされてバラバラに冷凍されているものが、離乳食にはお勧めです。冷凍のまますりおろしてお粥やスープに加える以外にも、卵焼きや茶わん蒸しに入れても食べやすいです。

冷凍さといも(中期から)

さといもは、洗って皮をむくのに時間がかかるので、冷凍食材があると助かりますね。使いたい数だけ、解凍して使います。初期はそのままペースト状にして食べさせることができます。ほぐした白身魚と混ぜて食べさせると、魚も食べやすくなります。

洋風野菜ミックス(初期から)

色々な野菜が入っているので、数種類取り出してスープやシチューに利用できますし、使いたい野菜だけ取り出して使うこともできる便利な冷凍食材です。
入っている野菜の内容により使える時期が異なりますので、使用前に確認してください。

ミックスベジタブル(後期から)

彩のよいミックスベジタブルは、離乳食作りの強い味方です。皮を剥いて裏ごしすれば初期から使えますが、そのまま使うなら後期からにしましょう。冷凍のままスープやチャーハンなど色々な料理に使えます。

冷凍枝豆(中期から)

皮付きタイプと皮剥きタイプ、両方販売されています。初めて与える場合はすりつぶしてお粥に混ぜて食べさせるとよいでしょう。慣れてきたら薄皮を向いて月齢に合う大きさに刻み、スープなどに加えて与えます。

冷凍豆腐(初期から)

小さくカットされた豆腐がバラバラで冷凍されているので、必要な量だけ使うことができます。お味噌汁やスープに冷凍のまま入れて加熱します。少しタンパク質が少ないなという時に役に立ちますね。

冷凍ひき肉(鶏:中期から、牛・豚:後期から)

ひき肉は、離乳食作りに欠かせない食材です。バラバラに冷凍されているので、少量ずつ使うことができ、解凍時間も短くてすみます。
チャーハンやハンバーグ・ミートソース・そぼろなど、色々なメニューに使うことができます。肉の種類により使用開始時期がことなりますので、注意してください。

10冷凍鶏ささみ(中期から)

1本ずつバラバラになっているので、必要本数だけ取り出して使えます。初めは、冷凍のまますりつつぶしてお粥にまぜるとよいでしょう。

11冷凍うどん(初期から)

離乳食1食分ずつ分けて、冷凍されているとても便利なものがあります。だし汁で柔らかく煮て野菜を混ぜて食べさせてあげましょう。お粥のストックを切らした時などにも助かりますね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ